FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  受信機

Pioneer MVH-3400

MVH-3400.jpg

Pioneer MVH-3400
 パイオニアがカロッツェリアブランドで展開するカーオーディオの中で、余分なものを
省いたシンプルなもの(安い物?)がメインユニットと呼称されるこのMVHシリーズです。

■ 前記事 Pioneer MVH-390 [ 2019/01/09 12:00 ]

このカーラジオがすこぶる高感度、ローノイズ、被りに強いなどBCLラジオに必要な
要件を満たしているのでMVH-390をしばらく使ってみました。
これが一昔前、ふた昔前のFMチューナーなど次々と撃破して、いちおうBCL機として
一世を風靡したらしいICF-SW7600GRや、アマ機のIC-7000も寄せ付けない性能とわかり
驚きぶるぶるなのでありました。

ただ、MVHシリーズの本来の仕様はBCL用途とは相いれないもので、
次のような使いにくさもわかってきました。

□ Sメーターが付いていない
□ 90MHzまでしか受信できない
□ 周波数の変更が容易ではない

そのためメインユニットをMVH-390からMVH-3400に変更しました。
MVH-3400は2017年10月4日に報道発表された機種で、現行機種に限りなく近いものです。
パイオニアではMVH-390の次から4桁型番に移行し、そのタイミングでFMワイド対応を
したようです。
これで90MHz以上のFM補完局の受信もそのまま連続して行えるようになりました。
上の画像は91.1MHzでラジオ関西のFM補完局を受信しているところです。

iphoneアプリ画面 パイオニアARC
 Pioneerのカーオーディオはスマートフォンなどの
 携帯端末と接続するためのアプリが用意されて
 いて、その中にはこんな画面の機能も実装されて
 います。
 あまり出来栄えがおよろしくないようで、
 周波数のup/downはできません。
 下手に触ると周波数スキャンが「上に」
 走ってしまい、99.9MHzの次に76.0MHzに
 一回りしてくれるのを待つしかありません。
 なのでこの周波数変更機能はBCL用途
 では使わないのがよろしいかと。
 
 では、周波数変更はどーすんのというと
 急がば回れの例え通りで、FM放送の
 周波数を0.1MHzステップで全部お気に
 入りに入れてしまいます。 



iphoneアプリ画面(2) 手順は、カーラジオ側で76.0MHzにセット
 します。そしてアプリ画面の「☆」をタップします。
 するとその周波数(76.0MHz)がアプリ側に
 メモリーされます(お気に入り登録というそうです)。
 これを延々と99.9MHzまでこんちくしょーと
 言いながら登録すると左の画面のように
 なります。

 左の画面は、初期画面上部の1~6のメモリー
 チャンネルのあたりを指で下にスワイプすると、
 あらわれます。

 ここまで登録できたらもうしめたものです。
 あとは周波数リストを見ながら、気になる
 周波数=お気に入りをポチっとするだけです。

 それにしてこのアプリ、一度接続を切ると
 次の接続時には認識してくれません。
 そんなときはどうするって・・・


カーラジオ側で電源を落として強制的にリセットするしか、いまのところ回復
できません。思いっきりクロボロアプリだと思いますが、何ものにも代えがたい
ところなので我慢して使っています。

スポンサーサイト



[ 2019/02/03 17:26 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

Pioneer MVH-390

MVH-390画像(2)
Pioneer カロッツェリア MVH-390

 このカーラジオの性能がすこぶる良いので、自宅に持ち込んでFM放送の遠距離受信に
使っています。どんなところがよいのかというと、まずは感度です。感度とは大雑把にいえば
どれほど電波の弱い放送まで聞くことができるのかの指標です。名古屋市にいて、大阪など
遠方の放送を聞こうとすれば、弱い電波を感度よく拾い上げてくれることが必須です。

 次に選択度が優れています。これは放送が並んで届いている場合、隣の周波数の放送を
どれだけキッチリと分離できるのかという指標です。この性能が悪いと、隣の周波数の放送が
混信してきて、目的の放送がよく聞えません。(仕様としては数値の公開はされていません)

 さらに妨害に強いこと。地元の県域をカバーするような超強力局は周波数が離れていても
遠距離局の電波にバサ、バサっと不快な妨害を与えます。この指標が優れていないと
いくら感度がよくても、遠距離の弱い局は聞えません。
(仕様としては数値の公開はされていません)
まだ色々な指標がありますが、このMVH-390はどの指標についても「すこぶる良い」と
思います。メーカー発表の仕様、定格以上のことはわかりませんが、かなりのものだと
思います。



MVH-370画像(1)

シリーズはMVH-370から
 このシリーズはパイオニアの報道資料から拾うと、2011秋モデルで初登場します。
カロッツェリア 2011秋モデル オーディオ7機種を新発売
コンセプトとしては「圧縮メディアの再生に特化して低価格を実現した、メカフリーモデル
「MVH-370」を新たに提案することで、お客様のニーズに合わせた幅広いラインアップを
展開します。」とのこと。
これ以前はCDドライブの付いたDEH-***という型式だけだったのが、この2011秋モデルの
タイミングからCDドライブの付かない廉価版を新設したということのようです。

 これが2012秋モデルでMVH-380とMVH-580になり、さらに2013秋モデルでMVH-390、
590、790へと変わってゆきます。おそらく370~390まで同じようなDSPユニットの採用かと
思います。ちなみに取扱説明書では仕様が次のとおり記載されています。

【MVH-370】
MVH-370定格

【MVH-380】
MVH-380定格

【MVH-390】
MVH-390定格

 このようにまったく同じ数値が並んでいます。
だったら同じDSPボードなのかといえば、そうかも知れないし、違うかも知れません。
つまりPioneerさんから示された仕様がそうなっていて、それを満足するように実装
メーカーが設計して、見積を出して、それをPioneerさんが評価していると考えるべきです。
もちろん割高ですが、Pioneerさんが設計まではしているかも知れませんが。

その過程で同じメーカーが続けて採用されているかも知れませんし、違うかも知れません。
たいていの場合は1年も販売すれば大なり小なり不都合なところが見えてきて、
モデルチェンジのタイミングで改修している可能性もありますが、仕様に表れない
項目であったり、仕様値の範囲内であったりすればユーザーにはわからないわけです。

 したがいまして、カロのMVHを買うのであれば、MVH-370~390までは、FM放送受信の
観点においては仕様はまったく同じということです。あとは音質などの設定変更の
自由度が変わっていなければ、どれを買っても同じということになります。
どれもが同じ価格であれば、より新しい型式のほうがよいでしょう。

MVH-390の次からは数字4桁の型番になるようです。
またそのタイミングからFM放送受信の仕様も異なります。
それはいずれまた・・・
[ 2019/01/09 12:00 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

Eton E1という受信機

Eton E1なる受信機の情報に初めて触れたのは、赤林さんの「月刊短波」の2005年5月号でした。

ポータブル機にはあまり興味が無かったし、その少し前にSONYのICF-SW7600GRを入手していたので、その記事には正直なところ、あまりそそられるものはありませんでした。しかし、「Wellbrook社フェイズド・アレイ」と題して当blogに連載をしているうちに、Grayland DX-pediで彼らの使用受信機がE1とわかり、アップされている音も悪くなかったので、少し引っ掛かるものがありました。

あらためてE1の仕様をユニバーサルでながめると、ポータブルラジオなのにIF帯域幅は3段切替、パスバンドチューニングも付いている、そして特筆すべきは、AM同期検波がUSB/LSB/DSBで選択可能と。7600GRでさえAM同期検波はUSB/LSBでしかなかったのに。

くだんのユニバーサルラジオでは、XMサテライトラジオ受信機能付が$499.95で、XM無しが$399.95で出ています。聞ける/聞けないは別としても機能が多く付いていた方が、リセールバリューはよかろうと、試しにebayで検索してみたら、すぐに4~5台が引っ掛かりました。新品で、XM付きで、だいたい$350くらいです。日本へは送料が$70くらいとして、合計$420くらい。今は一時的に円高に振れていますから、¥47,000くらいで入手できそうです。

SDR-IQも外部スペクトラムスコープ・アダプタとして考えると便利そうですが、まだ出て間もない旬ですので、値ごろ感が出るまで待つとすると、今はE1かも知れませんね。




Eton E1について書かれているblogな方々
aquarioのひとりごと
- Live Long and Brasspounder - JL1IRB Activities
[ 2007/11/24 10:42 ] 受信機 | TB(0) | コメント(4)

WJ-8700という受信機

昨日US.ebayでWJ-8700という受信機を見ていて(密かに狙っていて?)、途中で白旗、降参して寝ました。
真剣に考えていたくらいですから、どんな受信機なのか一応調べてあります。

外形寸法は私の現用中のWJ-8712Aと同じサイズ。つまり19インチラックに対して、ハーフサイズとなっています。有名な"RECEIVERS PAST&PRESENT"によれば、販売開始は1989年、翌1990年にはHF-1000の原点であるWJ-8711が生産開始ですから、Watkins-Johnsonにおける、非DSP機の最終型と言えるのかも知れません。対潜哨戒機として有名なP3Cの電子情報収集機版EP-3Eに搭載されていたなんていう話もあります。

内容的には、極端に変わっている所はありませんが、業務機には珍しくプリセレが標準搭載、IFフィルタが標準5個搭載、同一筐体の中に受信機が2台入っていて、本当の2波同時受信ができる、そんな特徴がありました。

まぁ自由になるお金は無いし、聞く時間も無いし、短波はジリ貧なので、受信機に金掛けても仕方無いのですが、いいもの見るとほしくなりますよね。

wj8700ebay1.jpg

[ 2007/11/21 22:44 ] 受信機 | TB(0) | コメント(2)

独Hliberling社 PT-8000 ― 2007-04-18

2d7b2.jpg

QTC Japan.comによれば、独Hliberling社のHF/VHFトランシーバーPT-8000シリーズがリリースされたようです。

中波帯感度は、短波帯よりも抑えられています。20kHzセパレーションでのIP3は+39dBとIC-7800/R9500並です。なりより感心したのは、内部の作り込みです。国産メーカー品はいつまでたっても大きな基板に、無粋で安物のジャパーケーブルなのですが、このTRXは業務機の作り方です。気になる価格は...

PT8000A 100W 7,586ユーロ 1,220,981円
PT8000B 600W 9,353ユーロ 1,506,667円
PT8000C  10W  6,861ユーロ 1,105,233円

もしかしたらIC-R9500を買うよりは、こちらの方が使途に合っているDX'erもいらっしゃるかも。

4/19訂正:中波帯の感度を見誤っていました。大幅に感度が抑えられていました。お詫びして訂正します。
[ 2007/04/18 12:35 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

IC-R9500 (4)

268dd.jpg

IC-R9500 の内部の写真がなかなか出てきません。いつもなら、これみよがしにトロイダルコアとリレーがたくさん並んだ写真とか出てくるのですが、今のところ5個あるルーフィングフィルタやDSPチップの写真くらいですね。買える、買えない、買いたくない、何でもよいのですが、中がどんな構造になっているのか興味があります。


IC-R9500の取扱説明書 を読んでいたら、保守-分解手順のところに略図ではありますが、雰囲気が伝わってくるようなイラストが出ていましたので上に貼りました。ほんどのアマ機、およびHF-1000Aなどの半分業務機でもそうなのですが、受信機の上カバーを外せば、すぐそこに基板が見られる状態が当たり前でした。JRCのアマ機、業務機でもプラグイン基板になっているだけで、やはりカバーの下はそのまんまなのです。ところが、このIC-R9500はこのイラストのように、上カバーの中にシールドケースがあり、それを外さないと基板を拝めない構造になっています。150万とも200万ともいうような受信機、ましてや電波監視業務用などというからにはどんな構造なのかと興味がありましたが、このあたりの段階までは構造もR&Sの香りを感じさせます。
[ 2007/01/19 22:33 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

AR-alpha(1)

268d4.jpg

下で、昨日の化石師匠がコメント中に書かれていた、AR-αの情報に驚きました。新製品情報は既にハムフェア2006で得ていましたが、同時発表のIC-R9500の陰に隠れた形でした。品物は外観で判断してはいけないという、よい見本のようです。


化石師匠の示されたリンクから AR-αのページ に飛ぶと、パンフレットから転載された簡単なセールスポイントが書かれています。その中で、AM同期検波の選択肢として「diversity synchronous AM」というものが目にとまりました。


そのページからリンクが二つあり、そのうちの AR-ALPHA Specifications を開くとこの受信機のウリが詳しく書かれています。その中のAM同期検波のところを見てたまげました。同期検波だけで選択肢がDSB/LSB/USB/Side Band diversityと4つもあるのです。


さらに驚きました。Zero-IFという言葉です!いったい何のことか? それは10.7MHzでAD変換した後にIF段が無いのです!なにも他社よりも高い周波数でDSP処理することがよいことでもありませんが、素直にこれはスゴイ!


まだまだありますが、ウリ文句はいいので本当の性能と価格が早く出てきてほしいです。
[ 2007/01/19 12:26 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

IC-R9500 (3)

267af.jpg

本日メール便で、 CQオーム さんから、IC-R9500のカタログと資料が届きました。これは私が昨年、予約の予約を入れていたため、正式な受注開始のご案内をいただけたものです。同時に価格もご提示いただきましたが、こちらは既に世間でウワサされているような価格なので、この受信機は私には縁の無いものになりそうです。


カタログをひと通り見ましたが、この程度のページ数では、この受信機の全貌を理解することはとても不可能で、アイコムさんの 取扱説明書ダウンロード から IC-R9500 をDLして、ゆっくりと読んだ方がよいです。


それで、カタログには書かれていないのですが、IC-R9500のAM同期検波はNRD-545のようにL/USBが選択できると言うことは、前々から承知していましたが、pdf版の取扱説明書を読んで、更にS-AM(D)と言う選択もできることがわかりました。これは前後の関係からDSBのDと解釈しました。たしかにDXのシーンでは、側波帯を上に逃げても、下に逃げても混信があり、だったらDSBでいいやと思えることは多々ありますから。こう言う機能搭載はユーザーの声をよく聞いている証だと評価できます。(続く)
[ 2007/01/18 20:04 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

NRD-630

21e09.jpg

製品紹介 中短波帯受信機 NRD-630 MF/HF RECEIVER NRD-630と題して
JRCのNRD-630のレビューがネットで公開されました。
[ 2006/11/18 03:09 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

予知夢?

このところ忙しかったせいか、風邪でダウンしたせいか、昨夜は変わった夢を見ました。一日経った今でも覚えているくらいですから、変なりに衝撃的な夢なのでしょう。


記憶がある最初のシーンはクロスビィさんのお宅でした。と言ってもあの素敵な新居ではなく、どこなのか場所はわからないけれど途方も無く大きなお宅でした。もしかしたら、どこかの廃校か廃業旅館をクロスビィさんが買い取られたのかも知れません。


そのお宅のおよそ20畳はあろうかという板の間に受信機がセットしてあって、お馴染みのメンツが揃っていたからきっとペディ会場になっていたのでしょう。そこで私はshowさんと話をしていたか、電話をしていて、...


私     「IC-R9500は全然発売になりませんねぇ」

showさん 「もう9500なんてどーでもいいんじゃない?

       だってさぁ(JRCから)575がでるでしょ」

私     「でっ、575ぉですか?」

showさん 「あれっ? もう(リリースが)決まりだからいいよねっ、青木さん」

青木さん 「いや、...まあ...」

私     「型番とぶんですねぇ!?」

showさん 「みたいだね」


この先は記憶が途絶え、次に覚えているシーンは帰宅のため階段を降り、自分のスニーカを探す場面になっています。


575で私が思い出すのは、むかし6m SSB命だったころ、IC-575が欲しかったけど買えなかったことです。だからNRD-575とお告げがあってビックリ仰天な夢でした。showさん、お願いだからヒトの夢の中で無責任なことを言わないで下さいね。
[ 2006/10/25 23:23 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

IC-R9500 (2)

1f659.jpg


アイコムさんの新型受信機IC-R9500ですが、本日配信のCQオームさんの「めーるおーむ」によれば、予約の予約を開始するそうです。しかし、発売日、価格ともまだ決まっていないそうです。以下「めーるおーむ」からの転載です。


IC-R9500、年内は難しいのかな……という感じ。

http://www.cqcqde.com/topix/hamfair2006/hamfair2006-2.htm

発売・価格が正式に決まっていませんので、予約はとりませんが、

予約の予約……ということで、ご検討中の方は、ご連絡下さい。

予約開始時に、優先的にご案内いたします。

※すでにR9500の件でご連絡いただいている方はそのままで結構です。


さすがにCQオームさんはいつも情報が早いですね。もう何か感触をキャッチされたかも知れませんね。「予約の予約」なら買わなくても(買えなくても?)いいので、さっそく申し込もうと思います。
[ 2006/10/16 22:05 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

新しい受信機

1f10b.jpg


今年は新しい受信機の話題がいくつかありましたが、まだ一般に販売開始になっていないまま年末になりそうな気配です。写真はJRCのNRD630です。Dave's Radio Newsからのパクリです。pdfもあるみたいですので、どうぞ。
[ 2006/10/12 20:56 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

IC-R9500参考出品!

1acd1.jpg


さる情報通の複数のOMさんからの転載ですが、アイコムさんがハムフェアでIC-R9500を参考出品されたそうです。

ハムフェア2006~IC-R9500

IC-R9500

ハムフェア2006


気になるスペックは...

受信周波数範囲:5kHz-3335MHz、ただし一部周波数帯は除外。

受信モード:USB,LSB,CW,FSK,AM,FM,WFM,P25

メモリー数:1020ch

周波数安定度:±0.05PPM以内

周波数表示:1Hz

サイズ:W424,H149,D340mm,18kg

周波数構成:1st 58.7/278/778.7MHz

2nd 10.7/58.7MHz

3rd 48k/10.7MHz

4th None/48kHz

感度:0.100-1.799MHz SSB,CW,FSK 0.5μV, AM 6.3μV

1.800-29.999MHz SSB,CW,FSK 0.16μV, AM 1μV,FM 0.5μV

30.0-3335MHz SSB,CW,FSK 0.32μV, AM 1.4μV,FM 0.5μV, WFM 1.4μV

選択度:USB,LSB,FSK(BW=2.4kHz) 2.4kHz/-3dB, 3.6kHz/-60dB

CW(BW=500Hz) 500Hz/-3dB, 700Hz/-60dB

AM(BW=6kHz) 6.0kHz/-3dB, 15.0kHz/-60dB

FM(BW=15kHz) 12.0kHz/-3dB, 20.0kHz/-60dB

WFM(BW=150kHz) 150kHz/-6dB

ダイナミックレンジ:110dB,14.1MHz,100kHzセパレート、プリアンプ・オフ

IP3:+40dBm

Dual DSP, 7-inch wide color TFT LCD, Digital IF filter, Five roofing filters:240kHz/50kHz,15kHz,6kHz,3kHz Synchronous AM

[ 2006/08/19 20:22 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)

Z3801A

Z3801A GPS受信機が届いて一週間くらいになります。
まだGPSアンテナが仮設状態なので衛星にロックすることができません。わが家は南斜面のほぼてっぺんにあるので、2階のベランダの手すりにGPSアンテナを設置しても、そこそこ衛星を捕捉できると思ったのが甘かったです。で、今の効率の悪い、オマケでもらったアンテナの代わりにするように、US eBayでHP純正のとんがり帽子のGPSアンテナをゲットしました。アメリカからの発送なので、今度の土日には間に合いそうもないけれど、取付金具やケーブルの引き回しなどの準備をしておこうと思います。

ところで、このGPS受信機Z3801Aですが、衛星にロックしていない状態でも10MHzの出力がマジメに出ていて、試しに周波数カウンタRacal-Dana1992にて測定したら2時間くらい放置で、測定限界の0.00Hzに達してしまいました。なんだ、だったら衛星にロックしなくても私的には十分使えるんだと、妙に納得してしまいました。
[ 2006/06/14 23:58 ] 受信機 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ