わが町 守山区 TOP  >  ガーデニング

アジサイ棚の製作

IMG_4046blog1.jpg
【アジサイ棚の製作】
結果的にアジサイの挿し木苗や鉢植えを保管するために作ったんだけど、
アジサイ専用の工夫をしているわけではありません。

まず地面を平に整地して防草シートをかけます。
次に基本ブロックを片側二列5段で積みます。
4mものの単管パイプを4本、一番上のブロックの穴に差し込んで棚の屋台骨にします。




IMG_4049blog2.jpg
【遮光シートを張りました】
そのままでは暑いし、直射日光が強いので遮光シートを架けました。
これで遮光率60%のものです。
棚の下はフリースペースとして、用土や資材、農機具を収納できます。
奥のほうから挿し穂トレイを仮置きしてみました。
トレイは前列と後列に置けます。あとは横4mにどれだけ並べられるかだけです。





IMG_4034blog3.jpg
蚊がうるさかったので、スプレーをシューしたらなんと玉虫がよろよろになって
這い出てきました。いるならいると最初から言ってくれれば・・・なんだけど。

ハウス内はもう一列畑があります。
いまはクリスマスローズを地植えしているほかは雑草とのバトル中です。
クリスマスローズをどこかに移植して、ここもアジサイ棚パート2にします。

ただ作った後で気が付いたのですが、トレイを並べるだけならよいのですが、
大きな地震が発生したら、トレイがみんな落ちてしまいますよね。
うーん、落下防止のために柵が必要ですね。
スポンサーサイト
[ 2018/07/08 22:21 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ヤマユリの開花予想

IMG_3841SNS.jpg
ヤマユリのつぼみ

わが家で植栽のヤマユリが明日にでも開花となっています。
守山区の山の中に20~30平米ほどの群生地があって、今年もその鑑賞を楽しみにしていて、
その開花の目安のために自宅でも植栽しました。
山の中とわが家とでは多少環境が異なりますので、山の中が明日開花するのかどうかは
わかりませんが、似たようなものかと思います。




ヤマユリ20170709(2)
昨年7月9日の撮影
つぼみの先端が僅かに開きかけたタイミングでの撮影です。
今年は昨年よりも約二週間開花が早いのかも知れません。
アジサイでは半月早い印象ですので、当たらずとも遠からずでしょう。

昨年は3月19日から山に入って雑草、雑木を刈り払いましたが、今年はまったく入っていなく
ルートを確認するために、本日山の入り口まで行きました。
しかし単独での入山に危険を感じたのと、強い雨が降ってきたので引き返しました。
大変心残りですが今年は断念して、スズメバチやマムシの危険がなくなる晩秋から再び
動くことにします。




IMG_3846blog.jpg
6月24日 開花しました
[ 2018/06/23 17:58 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(2)

わが家の庭

P1010333.jpg マリーアントワネット
 母の日を前にした今頃が、いちばん
 アジサイの出回る季節ではありますが、
 いちばん値段の高い季節でもありそう
 です。
 でもいちばんキレイなときに楽しんで
 ナンボではないかと奮発して買い
 ました。
 鉢換えは相当なリスクですが、いまの
 ところ無難に状態を保っています。

P1010334.jpg チボリブルー
 こちらはマリーアントワネットとは逆に
 ホームセンターが何らかの事情で
 半額処分にしていました。
 多少水揚げが悪く、葉もポロリと落ちる
 など、状態としては悪いものでした。
 ダメ元ですぐに鉢換えし、日陰管理した
 ところ元気になってくれました。

P1010335.jpg 藍姫
 昨年、茶臼山に芝桜を見に行った
 帰りに、道の駅で大株を購入しました。
 花が終わった後に剪定してから鉢換えを
 したところ、うまく今年も咲いて
 くれました。

P1010336.jpg 白甘茶
 昨年、尾西の御裳神社のあじさい祭り
 で購入したものです。まだ咲きかけで、
 明日あたりの開花が待たれます。

P1010340.jpg 歌合せ
 昨年、稲沢の大塚性海寺のあじさい
 祭りで、境外の販売所で購入し、
 花後に挿し木で育てたうちの一株が
 開花しました。

鳥 カワラヒワ
 最近つがいでわが家にやってきました。
 スズメよりは少し大きく、カナリヤの
 原種みたいな色合いをしています。

[ 2018/05/03 11:15 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

わが家の庭

ハヤトミツバツツジ20180324
ハヤトミツバツツジ
ここ数年は全然咲いてくれなくて心配していましたが、根元に置かれたごろ石を
全部撤去して、用土と肥料を入れたら、それがよかったのか今年は咲いてくれました。
日当たりがよいこともあって、わが家では春いちばん早く咲くツツジです。




アジサイのハウス出し20180324
アジサイの蔵出し
冬の間、ハウス内に取り込んでおいたアジサイたちを昨年の場所に戻しました。




ハウス内20180324
閑散としたビニールハウス内
アジサイを中心とした鉢物を外に出したので、ハウス内は閑散としてきました。
ここに写っている残りの植木鉢も明日には外に出します。
ハウス内は閑散としても、地植えのスイセンの芳香と、満開のクリスマスローズの大株で、
まさに今が見頃です。今後は防草シートを敷いて、苗の棚を組み、アジサイの挿し木苗の
夏越しや、野菜の苗作り、栽培に使う予定です。
[ 2018/03/24 22:56 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

気温の乱高下でハウスは大変

ビニールハウス内のラック

 フラワースタンドだと、あまり収納できないので、スチール
 ラックにしてみました。有名メーカーだとメタルラックとかいう
 やつです。ラックの横幅は60cm。ハウス内は185cmくらいあるので
 これを3本並べるとちょうど収まりがよいです。
 ただ高さが180cmほどあって、棚板5段目はとても見えません。
 そこでふと考えて、ラック3本をそれぞれ独立して並べていたのを
 やめて、縦パイプを隣どうし共有する三連結に変更してみました。
 これによってハウス内の場所の節約にはなりましたが、棚板は
 横一列同じ高さにはできなくなりました。(段違いになりました)

  また、これを機に棚板5段もやめて3段にあらため、縦パイプの
 連結も3本継ぎで180cmだったのを2本継ぎに減らしました。
 その結果、縦パイプと棚板が大量に節約でき、この余り分で
 向かい合わせにも三連結を組めてしまいました。
 つまり3セットの購入で、6セットを組めたことになります。
 元々が格安のラックなので、それを倍にして使えればコスト
 パフォーマンスは抜群です。







ビニールハウス遮光シート

ここのところの一日の気温変化は大変なものです。
明け方は5度を切ろうかというほど低温なのに、午後は20度を越えてしまいます。
ビニールハウスは出勤前に開放できるところは全部開放していますが、それでも
温度は30度を軽く超えてしまいます。
そこで夜はハウス内にストーブを入れているのに、昼間の高温対策として遮光ネットを
掛けることにしました。

写真手前側(南側)は野菜や草花を並べていて、これは遮光していません。
後列は遮光をして、アジサイや夏越させる鉢物をならべています。
遮光ネットをしたところ、ハウス内の温度は35度超えからゆるゆると下がって
20度台になりました。ハウス内で作業をしても暑くて息苦しささえ覚えたのに
真夏の木陰のさわやかさになりました。
[ 2018/03/10 20:36 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの補強

ビニールハウスの補強20180218
ビニールハウスの補強
この季節のわが家は強烈な季節風にさらされます。
ここに転居して間が無い頃は、庭においた物干しのスタンドが何度も
風にあおられてひっくり返りました。

ビニールハウスも付属のパッカーだけでは心もとなかったので、手持ちのパッカーで
押さえの箇所をいくつかふやしましたが、それでもバタバタと音を立てて揺さぶられて
しまいました。

そこで100均で自転車用のゴムロープを2本買ってきて、西向きの面に×印に
なるように張りましたが、それでもまだ足りません。

いろいろと考えた挙句、フレームの補強をすることにしました。
西側の面を三等分するような形で、横に1.5mのパイプを入れました。
1本目(写真の中の上段)はホームセンターで2mのパイプを買って、それをディスク
グラインダーで1.5mにカットして使いました。2本目(下段、黄色)は新品のパイプでは
もったいないので、園芸用の擬似竹を使いました。
擬似竹の内部は鉄パイプですし、もともと1.5mなのでカットする手間が省け、
始めからこれにしておけばよかったです。

この横2本の補強材にビニールシートをパッカーで固定したら、だいぶ感じが
よくなってきました。
[ 2018/02/20 07:00 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの暖房

  ハウスヒーター
 ビニールハウスを増設したタイミングで、旧ハウスに入れていた
 カランコエの鉢を移しました。旧ハウスでは地面に置いていたので
 鉢底から根が出ていて、それを無念にも切るかたちとなってしまい
 ました。それが多分いけなくて、またこの冬の冷え込みもあって
 カランコエはほぼ壊滅状態になってしまいました。

 これではカランコエでなくても冬越しが危ないので、ハウス内の最低
 気温が氷点下にならないように、欲を言えば5度を下回らないように
 ハウス内に暖房を入れることを考えました。

 パネルヒーター式のものは結構お高いので、今回は機器が安く、
 燃料代も安いこの商品「暖太郎」を試しに入れてみました。



暖太郎20180217
暖太郎
なんとなく昔なしかしい形をしています。
下部のタンクには灯油がたったの4リットルだけ入ります。
現代のストーブと違って、マッチやライターで点火させるのですが、これがまた懐かしいですね。
もともとは10坪用らしいのですが、たったの1坪のウチのビニールハウスに入れても、
ちっとも暖かくなりません。なんでも空気の対流をおこして、発生させた炭酸ガスで
植物の生育を促進させるとのこと。




温度推移20180217
どれくらい暖かいのか・・・
ビニールハウスは日没後急速に放熱をして、夜中には外気とほぼ同じくらいになる
というように認識をしていました。この観測データだけを見るならば、夜中からもっとも冷え込む
明け方まで、2~3度くらい外気よりも暖かいようです。

でも温度データロガーの信頼性(精度)、気象台と拙宅との温度差などいろいろ不確定な
要素がからみますので、2~3度という絶対的な評価は無理があります。
でもでも、なんとなくそれなりに、効いているのかな程度のことはたぶんありそうです。

むしろハウス内の最高温度が危ないです。
お昼過ぎの35度超え、一日の温度差も35度超え、これでは植物もたまったものでは
ないでしょう。毎日サンデーのご身分ならまだしも、この温度差をどう対策するのか
検討課題です。
[ 2018/02/19 07:00 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

樹木伐採粉砕チップ

 庭木の伐採、剪定
 昨秋庭木の伐採と剪定をしました。例年だと伐採枝はハサミで切断
 できるところまでは切断して、燃えるゴミで出しておりましたが、
 今年は随分久しぶりにガーデンシュレッダーを導入して粉砕処理を
 してみました。


 自身、ガーデンシュレッダーは3台目か4台目になります。
 むかし使っていた頃は、機械の下は鉄のパイプだけでしたが、今の
 機械は本体の下に粉砕チップのゴミ受けコンテナがセットされています。
 これは後の処理を考えると大変便利なアイデアだと思います。

 それとこの導入機種だと、細枝から太枝まで同じ口から入れて粉砕
 します。昔のはてっぺんから細枝、機械の側面から斜めに太枝と
 入れ口が分かれていたのが一緒にまとまって、太い細いを気に
 しなくてもよくなったのがありがたいです。


チップ処分前20180217
粉砕チップ処分前
粉砕チップが一坪ほどの地面に山盛となりました。
どう処理しようかといろいろ考えた挙句、まず最初に庭の畑の園路に撒くことにしました。




チップ敷設前20180217 防草シート20180217
before
庭の園路は毎年夏になると草取りが大変になります。
前準備として防草シートを敷きます。
この上から樹木の粉砕チップを敷けば、雑草の繁茂を抑えつつ、歩くときに足の裏に
優しいかなとの期待です。




チップ敷設後20180217
after
こんな感じになりました。
たしかに歩くとふかふかして、地面からの感触はまったくなくなりました。
しかし靴の裏にチップや葉の断片がくっついて、それが芝生の上に落ちるので
余計なところへの気遣いができてしまいましたが。
園路1本ではチップの山があまり減らないので、もう一本敷きました。




チップ敷設後20180217(2)

それでもまだ園路2本分くらいのチップが残っています。
園路はまだ他にもありますが、今度は防草シートが足りなくなってきましたので、
また次の機会に使いましょう。
[ 2018/02/18 07:00 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

立春すぎて

IMG_2313s.jpg
立春がすぎて
ロウバイの蕾がふくらんできました。
たしか前の住居から持ってきたと思うので、ゆうに20年は超えています。
一時は花つきが悪かったのですが、ここ何年かは安定しています。



IMG_2312s.jpg
ビニールハウス内は
アジサイの新芽が露地に比べて一足早く萌え出しました。
上の画像は葉に斑が入る「恋路ヶ浜」の挿し穂です。
昨年の穂の部分は枯れていますが、地中から新芽が出てきました。
あまり早くから伸ばしてひょろ松にしてもいけないので、過保護にするのも今のうちだけ?
[ 2018/02/10 10:29 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ハウスの温度計測

 ビニールハウスの温度がこの寒波のなかで、どんな変化を
 しているのか気になって調べてみました。

 用意をしたのは温度ロガーと呼ばれる、温度を計測・記録できる
 ものです。標準的な設定では15分単位で温度を記録し、パソコンの
 USBに差し込むことで、計測した温度をパソコンに取り込むことが
 できるすぐれものです。

 小さなボタン電池一つで約1年間データを取り続けることが可能です。








RC-5ロガー20180203

一週間分の温度記録
 こんな感じで取り込んだデータをパソコン上でグラフ表示させる機能が備わっています。
最低気温は零度を割り込み、最高気温は35度を超えています。
この季節にイチゴ狩りに行くと、ビニールハウス内は暖房されていることもありますが、
息苦しいほど暑いことがありますよね。
何ら暖房を入れなくてもこんな温度変化とは驚きました。
ただ心配なのは「はたしてこの温度はどこまで正確なのか?」ということです。
温度表示、温度計測は小数点1位までですが、精度が±0.1度なんてことは絶対に
ありえません。そんなものが仮に世の中にあったとしても、価格が2桁、3桁違うことは
間違いないでしょうから。

 比較対象にならないことは承知のうえで、100均で温度・湿度計を買ってきました。
100均の店頭ですら、同じ商品であっても温度、湿度にバラつきがありましたが、
それでも比較的表示の揃っている商品を選びました。
しかしと言うか、やぱりと言うか、温度ロガーとは温度が一致しません。
わかっちゃいましたが、まぁそんなものでしょう。



[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

タニタ温湿度計 TT492 グレー (8214c)
価格:1334円(税込、送料別) (2018/2/3時点)

 タニタの温度計
 100均の温度計で比較しようとするから、よけいにまた信用できなく
 なるわけですから、ここはやはりちゃんとしたメーカーものと較べて
 温度ロガーの精度を考えることにしました。

 タニタは例のタニタの食堂のタニタで、日本の計測メーカーです。
 この丸い温度、湿度計はこの価格で温度の精度は±1度、湿度は
 ±2%と大変優秀です。

 このタニタを基準温度、湿度としたところ、温度ロガーは約1度の
 誤差があることがわかりました。しかも驚くことに100均の温度計の
 うちの1つがほぼ正確であることもわかりました。

温度ロガーは誤差があることは当然考えられていて、パソコン上で温度の補正をすることが
できます。これで温度取りのデータに信頼性がもてそうです。めでたし。
[ 2018/02/04 07:00 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの増設(5)

 風邪でしばらく掲載延期していました

  いろいろな疲れと、庭仕事と家の中の寒暖差で年明けに風邪を
 ひきました。発熱はピークでも38度くらいでしたので、インフルエンザでは
 ないと素人判断していたら思いがけなくも、良くなり悪くなりの波状攻撃で
 せっかく楽しみにしていた守山探検隊の定例会も欠席するはめになりまし
 た。

  ビニールハウスはある程度完成しておりましたが、しばらくブログに掲載
 できませんでした。本日写真をとりましたので掲載します。

  今朝はうっすらと雪が積もっていました。
 雨水タンクのドレン排水を前夜怠りましたので、配管の破裂、漏水が心配
 されましたが、全く問題ありませんでした。

IMG_2235s.jpg

IMG_2239s.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

人工芝 アートターフ ループパイル1.5 W1.82×L2m
価格:2160円(税込、送料別) (2018/1/13時点)

  防草シートだけだと黒一色で無機質で暗かったので人工芝を敷きました。
 人工芝とはいうものの、あのツンツンした35mmくらいの毛足の人工芝では
 なくて、毛がループパイルになっているどちらかというとカーペットのよう
 な敷き物です。

  サイズは1.82mx2.0mで、ビニールハウスの室内横幅が1.93mですので、
 半分に切って使えばちょうど良さそうなサイズです。左右5cmくらい下地の
 防草シートが見えますが、そこまでこだわることでもありませんから。

  2mから1mにカットするのは実に簡単でした。
 裏返しにして1mのところに印をして、人工芝裏地の3mmくらいの縦横
 メッシュの線に沿ってカッターで切ってゆくだけでした。
 残った同じサイズは次のハウスに使います。


 ハウス内のレイアウトは、ブロック塀側に背の高いフラワースタンド(横幅900mm)を
二つ置きました。間にほんの少し隙間ができましたので、ここに背の高いものを床に
置いてもよさそうですし、園芸道具を置くこともできます。

 他方、ハウス内の南側は背の低いプランター(幅600mm)を三つ並べました。
これも三つ並べてほぼ室内いっぱいくらいで、おさまりが大変結構かと思います。
フラワースタンドとプランターとの間の距離が勿体無い気もしますが、フラワースタンドに
背を向けてプランターの作業をしていて、不用意に立ち上がったときに、お尻でフラワー
スタンドの一段目に接触しそうで今のところはこんな状態です。

 慣れてきたらプランターを二列にしてもいいかもしれないと思います。
またフラワースタンドを向かい合わせに、合計4セット使うことも検討しました。
その場合、中央に通路として確保できるのは20cmくらいとなりまして、よほど注意しないと
粗相をしそうで怖いです。
[ 2018/01/13 17:32 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの増設(4)

 ゆるゆると作業中
  ビニールハウスは植木鉢と同じで、つまるところ入れ物なんです。
 中に鉢底石を敷くとか、用土はこんな配合にしようか、支柱は
 どういう形のものを立てようか、それらはすべて使う人しだいです。

  ブロックの土台と、ビニールハウスの骨組みが立ち上がった
 ところで、どういう形に仕上げてゆくのかそれが問題でもあり
 楽しみでもあります。

  とりあえず使い勝手の自由度を上げるために、スイセンは
 全部移動させました。そのうえで地ならしして、思いのほか
 ブラックベリーの根っこが取りきれていないことが心配になり、
 防草シートを敷くことにしました。



IMG_2212s.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

Dio 防草シート 0.5m×20m461269 ダイオ化成(株)
価格:2138円(税込、送料別) (2018/1/7時点)

 防草シートを仮に敷いたところ

  防草シートはホームセンターのありあわせで、ダイオ化成の高密度
 防草シート0.5m×20mを使いました。狭い場所でチマチマと使いますので
 大きいサイズを敷いてカットして合せこむよりは、小さいものを重ね
 合せて効果アップを期待する狙いでした。

  でも作業量は増えて、シートおさえの打ち込みも多くなりますので、
 施工のまずさが露呈しないよう、大きいサイズを2枚でも3枚でも
 重ねるべきだったのかと後悔を少し・・・





IMG_2219s.jpg
シートの端を整えます
 防草シートの上から用土を入れるつもりだったので、端っこはそのまま放置だったのですが、
気が変わって用土を入れないことにしたので、シートの端を整えました。
ホームセンターで合板の端材を格安で買ってきて、さらにそれを四等分し、超ローコストで
シート押さえを作りました。



IMG_2221s.jpg
ビス締め
 下穴は振動ドリルにコンクリート用のビットを付けて穴あけしましたが、ビスはコンクリート用
とはいえ、最後に空回しをさせると「バカ」になりますので、慎重に手回ししました。




IMG_2222s.jpg
本日はここまで
 無事に防草シートの四辺を押さえることができました。
明日は午後から雨になりそうです。時間があればフラワースタンドを組み立てて、
ハウスのビニールかけまでやります。あと防草シートの黒色が随分と無機質なので、
適当なのが見つかれば防草シートの上から人工芝を張りたいです。
[ 2018/01/07 19:51 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの増設(3)

 ベースの固定
 このビニールハウスの底辺はパイプによる四辺のベース構造に
 なっています。そのため平らなところならどこにでも置けて、どこに
 でも移動できる反面、その場所に対してはベースを固定させる
 工夫が必要になります。

 商品には「U字くい」が付属品として添付されていて、パイプベースの
 接地面がコンクリートでもない限りは、そこが土でもアスファルトでも
 U字くいを打ち込めば相当強固に固定できます。

 しかし今回の私のケースでは、ベースをコンクリートブロックの上に
 載せますので、付属のU字くいは地面まで届きません。
 代案はいろいろ考えられますが、U字でもJ字でも超ロングタイプに
 することは費用的に無理がありそうです。

IMG_2200s.jpg

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

未来工業 MIRAI VE片サドル KVE-16J【10個セット】
価格:497円(税込、送料別) (2018/1/4時点)

  私の場合は「片サドル」というもので固定しました。
 本来は電気工事用で、たぶん屋内用だと思います。
 私の用途では紫外線による劣化であまり長持ちはしないと
 思いますが、地元のホームセンターではあれこれと選択肢が
 豊富にあるわけではないので、劣化したときは交換します。

  このサドルで、コンクリートブロック一つずつに固定して行きます。
 サドルをコンクリートブロックに固定するためには、コンクリート用の
 ビスが必要です。 



[ 2018/01/04 17:16 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの増設(2)

 このビニールハウスはほぼ同型のものをすでに使っています。
 ビニールハウスにもいろいろと種類があるようで、このBH-1522は
 「ベースタイプ」とナンエイが称しているように、基部が一周一回り
 パイプフレームで地面と接する構造になっています。

 そのため設置場所は農地だけでなく、アスファルト、コンクリートの
 上にでも可能となっています。つまり地面にパイプとかアンカーとか
 打ち込む必要がありません。そのため、連作障害を避けて、ハウス
 ごと移動するという芸ができてしまいます。
 これは大変ありがたい構造だと思います。
 (組立ての最終工程で「U字くい」を打ち込んで固定する仕様に
 なっています)



IMG_2185s.jpg
ブロック並べ完了
拡張した花壇の縁にブロックを並べ終えました。
ビニールハウスのベース=基部はこのブロックの上に載せます。
こうすることにより、地面に直接設置するよりもブロックの高さ分20cmだけ、内部の高さが
稼げ、内部での作業が随分楽になります。




IMG_2186s.jpg

IMG_2187s.jpg
フレーム組みあがり
本日は季節風が強い一日でしたが、なんとかビニールハウスの骨組みまでは完了です。
あとはビニール掛けと、ハウスの固定作業が残っています。
特にしっかりと固定をしないと、強風にあおられて、5cm、10cm動いてしまうことがあります。
これがベースタイプの弱点です。
[ 2018/01/03 16:49 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウスの増設(1)

 ビニールハウスの増設
  昨年の3月に「ビニールハウスの需要も無くなって安くなったかも」と
 買い置きして放置していましたが、ようやくまとまった時間が取れたので
 重い腰を上げてみました。

  このビニールハウスの商品名はナンエイのBH-1522。
 間口1.5mの奥行き2.2mが型番の由来でしょうか?
 ショップの表示は「園芸温室」なのですが、ナンエイのホームページでは
 育苗ハウスになっていて、サイズは間口 1.56m 奥行 2.2m 高さ 1.85m
 なので型番の由来はそのまんまのようですね。





IMG_2181s_201801012124101e3.jpg
花壇を拡げます
 いままで花壇として使ってきた場所にビニールハウスを設置します。
1.56m x 2.2mだと今までの花壇よりも大きいため、芝生を切って用地を拡げます。
それに伴って通路もブロック1個分=40cmくらい狭くなりますが仕方がないでしょう。
今の季節は水仙が真っ盛りで、これをどうするのかは決めかねています。
とりあえずはハウスの中にこのまま飲み込んで、ぼちぼちと掘り上げて移植することに
なると思います。
 芝生はカットする位置に水糸を張って、それに沿って木工用の電動丸ノコで切断
しました。チカラは要りましたが、べりべりっときれいに剥がせました。

 次は芝生を剥がしたところにブロックを並べます。
新春初売り出しとかの運転に駆り出される合間を見ながらの作業ですので、
戌年ではありますが、丑(牛)の歩みになること必至です。
[ 2018/01/02 20:40 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

なにした 16/12/10

20161210ビニールハウス張替え

もう6年も前に買ったビニールハウスの天幕がボロホロになっていたので、
このたび楽天で買い換えた。
取り外した古いビニールは紫外線硬化でバリ硬になっていた。
たかだか一坪サイズなので天幕の交換は一人ですんなりとできた。

この中で作業をしていると暑い。
確実に着ているものが1枚は余分な感覚だ。

メインで使っているビニールハウスの交換用天幕も買ってあるので
これも天気の安定しているときに交換しよう。
これは大きいのでさすがに一人ではやりたくない。
[ 2016/12/10 17:06 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

最近の家庭菜園

20140726-1.jpg

わが家でとれた夏野菜

いま収穫できている夏野菜は、きゅうり、ナス、ピーマン、ミニトマト、キナウリです。
とりわけキュウリは6株もあるので、毎日の収穫も、そして食べるのにも大変です。
キュウリは何も味をつけないで素材の旨みで食べるときと、エバラの焼肉のタレをつけて
食べるときがあります。
辛口で、ニンニクたっぷりのタレをつけて食べるキュウリはまた格別です。
[ 2014/07/26 08:39 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビックリグミで果実酒

20120526-3.jpg

今年もビックリグミが実りました。
昨年はリンゴに混ぜてジャムにしましたがイマイチでしたので、
今年は・・・

20120606.jpg

ビックリグミで果実酒を作りました。果実250g、氷砂糖116g、レモン輪切り1/2個、ホワイトリカーです。
果実酒のビンは1.2リットルサイズです。
その気になれば一晩で飲み干してしまいそうです。
[ 2012/06/06 22:53 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

わが家の草花 5/13

今日は風が穏やかで撮影日和でした。
フルマニュアルな撮影の面白さに味をしめて、今度はα550+MC 135mm/F2.8での撮影。
フルオートでカメラまかせの撮影よりも、ピントも絞り、シャッタースピードすべて自分次第なので、
かえってよい写真が取れるのは実に皮肉な結果。

20120513(1).jpg

20120513(2).jpg

20120513(3).jpg

20120513(4).jpg

20120513(5).jpg
[ 2012/05/13 23:38 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

わが家の草花、野菜

久しぶりにBCLネタ以外で。
カテゴリーをガーデニングにしようか、カメラにしようかと迷いましたが、とりあえずガーデニングに。
SONYのα550にPENTAXの67用レンズ90mm F2.8をつけて撮影。
完全なマニュアル撮影を堪能しました。

20120512(1).jpg

20120512(2).jpg

20120512(3).jpg

20120512(4).jpg

20120512(5).jpg
[ 2012/05/12 23:53 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

エンドウ植え終わりました

季節外れでお粗末さまですが、ようやくエンドウの苗を植え終わりました。今年の品種は「赤花はまかぜ」と「スナックえんどう」です。今まで母屋にくっついているサンルームで、ジフィポットで発芽させて育ててきました。そのうち「はまかぜ」を、12/23にビニールハウスの完成とともに10ポットほど植え付けて、その後、順次ビニールハウスの隣の屋外の畑に植えて、昨日ようやく全部を植え終わりました。よそのお宅の畑では、もうすでに30cmほどに伸びているところもあります。寒さに負けず元気に育ってほしいと思います。

はまかぜ スナックえんどう

屋外の畑は寒いので、周りに稲ワラを敷いて、株元にはモミガラを入れてあげました。
昨日ビニールハウスに入れたバラ苗ちゃんの蕾は、たった1日で見た目にわかるほど膨らみました。このぶんではお正月に開花が楽しめそうです。

昼間奥さんと買い物に行ったついでに野菜の苗を探しましたが、さすがにもう何も残っていないのですね。

秋に買っておいた果樹苗を、ようやくビニールハウスが建って、果樹用の空き地が決められるので、明日から植え付けたいと思います。

おっと、明日は早起きして柳橋まで「おせち」の買い出しです。
私のお目当てはマグロの中落ちです
目の前でスプーンを使ってそぎ落としてもらうのが暮れの風物詩かな、です。
[ 2009/12/29 18:02 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウス すきま風

今日は朝方からの雨がお昼近くまで残り、午後から雨が上がるや強い季節風となりました。そのため、完成したばかりのビニールハウスは、強風にあおられてバタバタと音をたて、ハウス内の草花も時々スキマ風に揺れる始末でした。

この隙間風対策のために昨日ホームセンターでストレッチフィルムを買ってきました。この名称ではあまり一般的には馴染みがありませんが、スーパーの精肉・鮮魚売り場で、商品をトレーごとパックしている「あの透明のフィルム」と言えばおわかりいただけるかと。実際にはスーパーで使われているフィルムよりは厚手の農業用、産業用のフィルムになります。



こんな感じに幅300mm、長さ500m巻きで売られています。
で、フィルムの端をビニールハウスの裾近くに固定してから、だぁ~っとハウスのまわりをぐるぐる回って、ハウスをす巻きにしました。これでハウスのヒニールの裾が風であおられてバタつかなくなりました。
同様に目線くらいの高さに位置する、ビニールの天幕と側面との重なりのところも、だだだぁーと巻いておきました。

巻き終わったところで、野ざらしにしていたバラ苗ちゃんたちをビニールハウスにお引越し。暮れだと言うのに蕾を付けているけなげな苗もいるので、お正月に咲いてと願いを込めました。

ストレッチフィルムはホームセンターにもありますが、ネットショップでも簡単に手に入ります。

★ストレッチフィルム 300mm×500m 15ミクロン ちょっと薄いかな・・・
★ストレッチフイルム 300mm×500m 18ミクロン これくらいなら丈夫です
[ 2009/12/28 19:32 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ビニールハウス完成!

日曜・祝日限定で組み立てていたビニールハウスがようやく完成しました
なんせ12月の土曜日は出勤続きなので、組立のスピードが上がりませんでした。

12月20日の日曜日に扉の組み付けまで進み、今朝から下回りを60cmのペグで固定させ、その後、側面と天井のビニールを掛けて完成でした。完成した全景写真です。

P1020928.jpg

これで3.3坪タイプです。将来性を考えて10坪タイプを真剣に検討してきましたが、10坪だと圧迫感が強そうだし、金額が倍ほどになるので、今回は3.3坪タイプで様子見です。

ハウスが完成後、ハウス内の写真左側に作物ネットを張って、エンドウの苗を10ポットほど植え付けました。写真でハウスの向う側に見える隣家の影で、昼間の日照がイマイチ良くありませんが、確か本日が冬至、これから太陽の高度が上がることを期待して良しとしました。
[ 2009/12/23 17:00 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

年賀状 ビニールハウスの暖房案

午前中は家族の年賀状作り。
自分の分は一週間前に完成させていたのですが、家族の分が未完成で、ギリギリに言われてもイヤなので今日頑張ってもらいました。
妻は先日の日記どおり私と同じデザイン(下の写真)、子供は郵便局のHPからのダウンロード、母は名古屋開府400年HPからのダウンロードになりました。

2010年賀状

午後からビニールハウス作り続きです。
13時から寒くなる15時過ぎまでに扉を作って、据え付けるのが精一杯。
組立説明書がイマイチわかりづらくて無駄に時間を費やしてしまいました。続きは祝日の水曜日にお預けです。

ビニールハウス内の暖房に頭を悩ましています。
ファンヒーターとか入れれば一発なんですが、それでは面白くありません。いま考えているのは、昼間のうちにパイプとかで温水を作っておいて、夕方ビニールハウス内に導水して、その温水が冷えないようにソーラー発電のフィルムヒーターで保温するというもの。
フィルムヒーターはこの写真のようなものです。

フィルムヒーター

このフィルムヒーターの応用例は、自動車の座席ヒーター、オートバイのグリップヒーター、ミニ水槽のヒーター、天体観測機器の結露防止ヒーターなど、いろいろあるようです。
その前にビニールハウスを完成させないと
[ 2009/12/20 20:36 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

雨水タンクが満タン&ビニールハウス設置

一昨日の雨で2個の1トンタンクが満タンになりました。
一昨日の朝、出勤時に見た時にはすでに満タンになっていて、あふれた水であたりは水浸しになっていました。設置を急いだため、いわゆるオーバーフローの配管工事をまだしていません。

オーバーフローは、そのまま大人しく下水に落とすべきか、更なる雨水タンクを移設 or 増設して、そちらに導くべきか思案中です。

1トンタンクを導入してから感じたのですが、このタンクへの注水部と排水部の穴径が特殊なようです。本当は市販のサイズでホース or パイプ、キャップ、パッキン等が揃えられればよいのですが、一筋縄では行かないような気がしてきました。

12月は土曜日は出勤で、本日、日曜日は貴重な休日です。
今日はすでに届いているビニールハウスの設置に取りかかります。
年内には完成させたいと思います。

P1020919.jpg

ビニールハウスは新潟の南栄工業製のBH-33で、この写真の梱包で届きました。このBH-33のよいところは、組み立てた状態で、大人二人で移動ができることです。例えばトマトを作っていると連作障害が問題になります。そんな時には、ビニールハウスを二人で持ち上げて、移動させることができるのです。普通のハウスは地面にパイプを突き刺す方式の設置が主流ですから、このようには行きません。

P1020925.jpg

今日は奥さんにも手伝ってもらいここまでで終了です。
続きは来週の日曜日にしましょう。
[ 2009/12/13 10:40 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

山芋 長芋 自然薯

この三連休で、家にいて雨が降っていない時を利用して、庭の畑の一区画を掘り上げました。一坪ほどの区画ですが、長年長芋を植えっぱなしにしていて他に使いたくても使えない、いわば死んだ土地でした。

台風で壊されたビニールハウスの残骸を、長芋のツルの支柱にしていたようで、パイプを引き抜いて初めて気が付きました。長芋はわざわざ栽培していたわけではなくて、母が家庭の生ごみとして埋めたものからの自然発芽でした。掘り上げた長芋はこんな感じになりました。

DSC00217.jpg

掘り上げた量としては、これで半分くらいです。
しかし、残りはザクっと切ったり折ったりしたキズモノで、まあまあなのは写真のとおりです。畑を耕した時の深さが50cmくらいでしたので、長芋もツルの根元からイモの先端まで50cm止まりで、先端は押し潰れたような形になっています。

この中から食用になりそうもないものや、キズものなどを種イモとして再び植えようと思います。今度はやみくもに植えるのではなく、農家が栽培しているように、塩ビの筒に入れて真っすぐ育つようにしようと思います。

通販で購入したバラ苗も大きな鉢に植え替えました。
あまり無節操に買い増すのもどーかとは思うけど、ちょうどホームセンターに強剪定したバラ苗が出回っているから、ついつい買い増ししてしまいそう
[ 2009/11/23 16:37 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

イモ掘り

午前中は庭仕事。
庭のイモ畑が半分くらい未収穫だったので、これを掘り上げました。
大きなおイモがごろんごろんと出てきました
この品種は紅東という、いかにもサツマイモ然としたあずき色をしたおイモです。先週1回目の収穫を天ぷらにしてもらいましたが、甘くておいしかったです。

40661991_670660062.jpg

お昼は近くの讃岐うどん・なかざわ屋へ行きました。
丸亀さんと同じような業態で格安B級グルメです。

そのあと、問屋スーパー・サント春日井店で明日の天ぷらの具と串焼き鳥の冷食とかを買って帰宅しました。

帰宅後は再び庭仕事に戻って、ボカシのタンクをひと箱とサツマイモのツル、庭のコンポストとかをまとめて畑に埋めました。そのとき、お隣の奥さんがフェンス越しに声をかけて下さったので、今日掘り上げたばかりのサツマイモを四つおすそ分けしました。お隣さんは大学イモにして食べるのがお好きとか
お返しに美味しそうなものをいただいてしまいました

40661991_3289708537.jpg
[ 2009/11/15 21:53 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

長雨と収穫

名古屋は長雨の一週間でした。
そして、今日土曜日もまた一日中雨が降っていました。

雨間を縫って庭の作物を収穫しました。
トマトは完全に露地栽培なので、亀裂の入ったものがたくさんありました。

ナスは収穫のピークを超えてしまいました。そろそろ切り戻しをしようかと思います。

ピーマンは例年よりも実付きがあまり良くありません。
気のせいかな?

雨がひどくなったので、ゴーヤとキュウリは明日収穫します。

お昼ごはんの後で、収穫したトマトをジューサーにかけてもらい、家族で新鮮なトマトジュースを飲みました。

写真は今日の収穫です!

P1020855.jpg
[ 2009/08/01 23:27 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

ゴーヤ畑にバナナの皮?

毎朝の日課で、起床してから朝食までの間に庭の草花や、畑の様子を眺めていた時のことです。

ゴーヤの葉が生い茂った中に、何やらバナナの皮のようなモノが見えました。

顔を近づけて仰天です。
なんとゴーヤが完熟して、破裂したようです。
大きさ的にはまだまだかと思っていましたら、知らないうちにバナナかマンゴーのような色になっていたんですね。

こんなことってあるんですね!?

20090728 (2)

20090728 (3)
[ 2009/07/28 22:19 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

アイリスからプレゼント到着!

20090701.jpg会社から帰るとDMに混じって、アイリスオーヤマからのメール便が1通ありました。
さては先日購入して、雨水タンクに活用しているアイリスオーヤマのワイドストッカー深型 WY-780Dの納品書か領収書でも届いたのかと思いましたが、なんとなく封筒の厚みや感触が変でした。

開封するとやはり違っていて、中にはプレゼントの種と送付状が入っていました。
それで思い出しました!
先日、「アイリス家庭菜園ドットコム」で新規会員の申し込みをしたのですが、その時のプレゼントだったのです。
抽選のプレゼントはてんで当たったためしがありませんが、今回は先着2,000名でしたので滑り込みセーフだったんでしょうね。

プレゼントの種は「スティックセニョール」という茎ブロッコリーで、播き時が7-8月、収穫期が10-12月となっています。昨冬の冬野菜は、ヨトウムシやモンシロチョウに痛い目にあわせられましたので、今回はネット・トンネル使用を最初から考えて栽培しようと思います。
[ 2009/07/02 23:36 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ