FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  お寺

龍泉寺さまからの眺め

鐘突堂20191110(2)
【龍泉寺さま 鐘楼堂】

 1年に何回となく龍泉寺さまにお参りをしたり、散策したりします。
今回は鐘楼堂の向こう側が随分すっきりしたような気がしました。
かっては愛知県とか名古屋の観光ガイド本の龍泉寺さまのページに、お寺から海が
見えると書かれていたような曖昧な記憶があって、ときどき気にしておりました。



龍泉寺鐘楼からの眺望20191110(2)
【鐘楼堂からの眺め】

 それで眺めはどんなだろうと顔をのぞかせてみると、遠く鈴鹿、養老の山並みに
加えて尾張平野が一望に、目の前には庄内川の流れが見られました。
いつから眺められるようになったのか、いや前々からそうだったのか、とんと
思い出せませんが、察するに2本の切り株がありますので、これを伐採されたことに
より視界が開けたのでしょう。


龍泉寺川湊20191022(2)
【一段下からの眺め】

 同じ方向への眺めは鐘楼堂からよりは、一段下から見たほうがよく見られます。
龍泉寺さまの山門前を霊園のほうへ折れてすぐに案内図がありますので、
そこにある階段を下ります。階段を下りきって、平たんになっている雛壇を奥まで
進んだあたりがちょうど鐘楼堂の下になります。
もう少し庄内川の雄大な眺めを堪能されたい場合には、お城(宝物殿)がある庭園に
展望台がありますので、そちらがおススメです(有料)。
スポンサーサイト



[ 2019/11/16 07:21 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

別小江神社(北区)

別小江神社の場所

別小江神社の門前 別小江神社(北区)

 今年のお正月はどこにも遠出をしなかった
 かわりに、近くの神社を初めて参拝しました。
 別小江と書いて「わけおえ」と読むそうです。
 
 予備知識ゼロ、妻まかせの行き先でした。
 場所は庄内川と矢田川の合流地点南側と
 いえばわかりやすいかも。
 国道41号線から東に少し入ったところで、
 門前への参道との交差点に常夜灯が
 ありますので、それが目印です。

 駐車場はありませんから、お近くの民間
 駐車場を探すことになりますが、参道
 東側の塀沿いに停める人が多いです。



別小江神社神社略記
神社の略記
 私はお恥ずかしいことに全然存じ上げなかったのですが、随分由緒のあるお社です。
延喜式内社にして、旧七等級郷社とのこと。守山区では尾張戸神社、高牟神社ともに
式内社八等級郷社なので、この別小江神社さまは少し格上となります。



別小江神社手水舎
別小江神社の手水舎
 新春の縁起物が描かれたパネルが飾られておりました。
これと同じデザインのご朱印帖も頒布されているようです。
吐水口は龍ですね。



別小江神社販売所
 御朱印帳申し込みに列
お札や縁起物の頒布に対して、御朱印帳の申し込みは大変な人気があって長蛇の列
でした。しかも受付後の引渡しまで2時間待ちです。墨書と朱印だけの簡素なものなら
その場ですぐなのかもしれませんが、こちらのウリは色彩あざやかな縁起物ですので、
お時間がかかるようです。

境内の奥のほうには御嶽の築山がございました。
覚明霊神碑、像をはじめ、多種な石碑などもみられました。
また他には清正公ゆかりの石、三葉の松などもあり、境内が少し落ち着いたときに
ゆっくりと拝観したいものがたくさんありました。
下の写真は一枚一枚ご紹介したいのですが、長くなりますので、写真のみとします。

IMG_5302s.jpg

IMG_5322s.jpg

IMG_5303s.jpg

IMG_5313s.jpg

[ 2019/01/07 22:19 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺~伊藤萬蔵寄進物

龍泉寺20190106(1)
龍泉寺さんへ初詣
 混雑を避けて本日龍泉寺さんに新年のお参りをしてきました。
上の駐車場がほどよく満車になる程度の、閑散でも混雑でもない人出で
ゆったりと、それでいて物寂しくないお参りができました。




龍泉寺 伊藤萬蔵(1)
伊藤萬蔵さんによる寄進物
 名古屋の石造物寄進王・伊藤萬蔵さんによる四国八十八ヶ所第八十八番札所の
石仏、他。いままであまり気にもしていなかったのですが、ふと萬蔵さんのお名前が
見えたので、記念に撮影させていただきました。




龍泉寺 伊藤萬蔵(2)
多宝塔の正面にある線香立て
 市江政之さんによる「石造物寄進の生涯 伊藤萬蔵」にリストされている
龍泉寺さんの寄進石造物は3点あって、上記八十八ヶ所に続いてその2点目です。
3点目はご著書を持参していなかったので気が付かなかったのですが、
山門前右手石屋根とのこと。また今度見に行きましょう。
[ 2019/01/06 21:36 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

密蔵院(春日井市)-②

前記事
密蔵院(春日井市)-① [2019/01/02]



密蔵院へのルート
密蔵院さまへのルート
 先述のとおり、守山区からは吉根橋のてっぺんまで来ると右手の森の中に尖塔が
見えます。この位置が密蔵院さまになります。春日井市側に橋を下りきったところに
直通の道でもあればよいのですが、今のところは大きく迂回して近づきます。
 ルートは二つあって南回りと、北回り。どちらも一長一短です。南回りですと、橋を
下ってすぐに県道をUターンすることになります。北回りでは大きく右折して県道から
離れますが、県道の交通量が比較的多いのと、右折方向から車が来ているとスレ違いに
やや気を使います。どちらにしても近い将来には区画整理がされて御参りしやすく
なると思います。
 密蔵院さまとは小道をはさんで東側に駐車場があります。
よほどのことがなければ普通に停められると思います。しかし総門は南に150mほど
下ったところにあります。最短距離で横から入ると、総門は通らないのでご注意。




密蔵院総門
密蔵院さまの総門
 密蔵院さまの駐車場から南へ150メートルほど戻ったところに総門があります。
「どこの破れ寺の門構え」かと言うこと無かれ。この総門は春日井市の指定文化財と
なっています。それゆえ、おいそれとは建て直しができないところでもあるかと
拝察します。




観音堂
観音堂
 総門をくぐってすぐ、左手に観音堂がありました。
お正月らしく五色幕で飾られています。こちらも市の指定文化財です。
お堂の左側の軒下に石仏が何体かあります。庚申塚が1基あるほかは、三十三ヶ所
などの観音様、お地蔵様のようです。昔はきっとムラの辻にあったのだと思いますが、
耕地整理や区画整理があって、こちらにお移りいただいたのでしょう。




四国八十八ヶ所
四国八十八ヶ所御砂踏霊場
 「四国八十八ヶ所御砂踏霊場」とは、一番から八十八番の石板を踏みながら礼拝
していくことにより、四国八十八ヶ所霊場を巡拝すのると同じようなご利益をいただける
ものです。鉄道の発達する前はおいそれとは巡礼に行くことができませんので、
こうして「行ったことにする」方法が考え出されました。




密蔵院多宝塔
多宝塔
 室町時代中期の建立と伝えられ、国の重要文化財に指定されています。
密蔵院さまは天台宗のお寺さんなのですが、禅宗の建築様式も取り入れ、
昔は禅宗との交流があった名残のようです。
この尖塔が吉根橋からチラっと見えていたわけです。

つづく
[ 2019/01/03 12:14 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

密蔵院(春日井市)-①

密蔵院の位置


密蔵院

守山区のお寺さまではありませんが、歴史的には尾張の国の天台宗のお寺さまとは
深い関係にあられると承知をしております。
Google mapで「密蔵院」という言葉で検索すると、一発でその場所を表示して
くれることから、それなりのお寺さまなのだとあらためて知らされます。
守山区在住の人ですと、吉根橋を春日井市側に下りますと、右側(東側)に多宝塔の
尖端を見ることができます。




チラシ

チラシ

新聞の折込みチラシで、密蔵院さまのご案内が入っておりました。
かねて一度は訪れてみたかったお寺さまでしたので、何でもないときにお邪魔
するよりは初詣で行ったほうが潜り込み(?)やすそうでしたので、本日家内と共に
ご朱印をもらいに行きました。ご朱印はちょっと欲張りすぎて、アレもコレも書いて
くださいとおっ様におねだりしたので、後日、節分の頃にでも頂戴に上がることに
なりました。
チラシにもあるように、ここのおっ様は絵心がございまして、本日も当日受付の
ご朱印帳に絵筆を走らせていらっしゃいました。
完成したご朱印を赤いカバーのスマホで写メるあたりは、いくらご住職とはいえ、
私とそういくらも違わないご年輩、当世風のおっ様なんだなと妙な感心をいたしました。



アメちゃん

密蔵院のアメちゃん
帰り際にアメちゃんをもらいました。
焼き印ではなくて、金太郎飴ですね。

気が向いたら「つづく」
[ 2019/01/02 16:05 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺多宝塔の遷移(3/3)

名古屋市都市計画基本図S44-S47
名古屋市都市計画基本図S44-S47
 昭和31年の仁王門修理工事から、時代が十数年も新しくなった昭和45年頃の「名古屋市
都市計画基本図」に着目しました。インターネットで公開されている基本図を最大倍率で
拡大してもまだ判別しずらいので、電子的に拡大させたのが丸囲みの中です。
 これを見る限り、仁王門の右側に多宝塔の文字とともに四角に点のシンボルが
描かれています。つまり昭和40年代半ばには、まだ多宝塔は現在とは反対側にあったのです。



名古屋市都市計画基本図S48-S52
名古屋市都市計画基本図S48-S52
 多宝塔のシンボルマークは右側にありますが、左側にも四角のマークが見て取れます。
解釈に窮しますが、多宝塔遷移の過渡期的な状況とも思えます。



名古屋市都市計画基本図S53-S57
名古屋市都市計画基本図S53-S57
 多宝塔は完全に左側(西側)に描かれています。
過渡期的なところは不明確としても、昭和40年代後半から50年代初めには遷移があったものと
考えるのが無難でしょう。



龍泉寺多宝塔19760708
国土地理院空中写真 1976.7.8撮影
 更に範囲を狭めてゆきましょう。
上の写真は国土地理院の昭和51年7月8日撮影の空中写真です。
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、多宝塔は左側に写って(移って)います。



龍泉寺多宝塔19740616
国土地理院空中写真 1974.6.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和49年6月16日撮影の空中写真です。
これまた判別が難しいのですが、右側にあるように見えます。



龍泉寺多宝塔19710516
国土地理院空中写真 1971.5.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和46年5月16日撮影の空中写真です。
これはハッキリとしています。まだ右側にありますね。
従いまして、昭和49(1974)年以降、昭和51(1976)年までの間に、多宝塔は仁王門に向かって
右側(東側)から左側(西側)へと遷移したものと考えます。

 最後にひとつ郷土史の先輩のエッセイを引用させていただきます。
守山郷土史研究会会報「もりやま」第3号 昭和59年月7日発行
「目を向けよう、守山の古建築」 松本政男さん

 ところで筆者は、以前から伽藍の配置が変わってきていることに数年前から気がついていました。
それは、多宝塔が仁王門の北東側にあったことを覚えています。(後略)
[ 2017/04/28 21:06 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺多宝塔の遷移(2/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
現在の龍泉寺さん
多宝塔は山門に向かって左側にあります。




多宝塔写真昭和31年
昭和31年の龍泉寺さん
龍泉寺さんの仁王門は慶長年間の造立以来、小規模な修理はあったものの、建替などの
解体修理は一度も行われていなくて、そうとう痛んでいたそうです。それを昭和30年、国、県、
市(守山市)の負担で完全な解体修理を行いました。この写真は、修理後の仁王門です。
前置きが長くなりましたが、写真の右側に注目してください。多宝塔が向かって右側に
あります。現在の書院のあたりでしょか。さて、いつの間に、多宝塔は現在の位置に遷移
したのか、次回はそれを考えてみたいと思います。




多宝塔写真昭和初め
昭和初期の龍泉寺さん
昭和の大修理のはるか前の仁王門と、右後方に多宝塔が見られます。
多宝塔の前に植えられている桜の木の成長に注目してください。
随分違っていますよね。この絵はがきはまた後日あらためて龍泉寺さんの近代史をひもとく時に
掲載するかも知れません。
そうそう、昭和31年の改修工事完成写真と、この昭和初期の絵はがきを較べると、仁王門の
屋根の鯱ほこがあるのと、無いのに気がつかれましたか?
今回の題意は多宝塔なので、鯱ほこなど仁王門のことはまた後日ということで・・・
[ 2017/04/27 11:59 ] お寺 | TB(0) | コメント(2)

龍泉寺多宝塔の遷移(1/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
龍泉寺山門前にて
表参道の坂道あるいは、脇参道の階段道、どちらから来てもしばし見事な景観に見とれて、
運動不足で高鳴った動悸をこの場所で整えてから山門に向かいます。
幟旗の中央に仁王門があり、それに重なって背後に本堂、左に多宝塔が見られます。
今回のお話はこの多宝塔の遷移について考える、です。




多宝塔外観20120908
多宝塔を正面から
たぶんお客様をご案内して「たほうとう」と言ったところで、建物を目の前にして言えば「たほう塔」
くらいには意味が通じても、もしかしたら「たほう棟」と脳内変換される方もいらっしゃるかも。
お客様へのご説明にはひと工夫要りそうです。
石積みの上に建てられているのは、いくら山の上と入っても雨は降りますので、高温多湿な
環境から木造建築物を守る昔からの知恵なのでありましょうか。さらには、参拝客の目線が
間違っても如来様を見下ろすことのないよう、気をつかっているということもありましょう。




多宝塔内部20120908
阿弥陀如来像
いつもは扉が閉まっていることが多いのですが、何十年に一度の御開帳みたいな出し惜しみは
されていなくて、ときどきこうして如来様のご尊顔を拝する事ができます。そんな日に出会えたら
「ラッキー!」と思ってください。
[ 2017/04/26 20:02 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(12) 佐藤兄弟の墓

法輪寺縁起9(佐藤兄弟の墓)

佐藤兄弟及母公ノ墓
法輪寺縁起冊子に収録の写真は、先の山門・本堂の写真に続いて寺宝の写真となりますが、
それはまた機会を改めるとして、最終回の今回は「佐藤兄弟およびその母の墓」の写真で
締めくくります。

この写真に写っている墓所も、いかにも蓬莱七福神の事業のため、急いで整備しました
といわんばかりに小奇麗に整っています。
傍らに立つ初老の男性は今のところ誰なのかは不明です。法衣を纏っていないだけで
案外ご住職なのかも知れませんし、あるいはこの事業を推進するお立場の方かも
知れません。



法輪寺佐藤兄弟の墓現在
現在の佐藤兄弟、および母の供養塔
現在は山門をくぐり抜けて向かって左側に「供養塔」があります。
上の新旧2枚の写真を見比べると、ともに写真右側に斜めの木柱が見られます。
鐘突堂の四隅に有る柱です。
背景は随分スッキリしてしまいましたが、もしかしたら古来よりこの場所にあったのかも
しれませんね。

法輪寺さんはまだまだご紹介できておりませんが、ひとまずこの辺りで締めとさせて
いただきます。今年の守山探検隊のまちあるきイベントでは、この法輪寺さんを含めて
大森地区を散策します。檀家でもないのに、お寺さんの境内を単独でうろうろするのは
なかなか気がひけますが、こうした機会に是非ともご参加いただければと思います。
[ 2016/10/09 22:48 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(11) むかしの山門、本堂

法輪寺縁起3(山門、本堂)

「法輪寺縁起」に収められている写真をご紹介します。
上の写真で、向かって右側には「山門」、左側には「本堂」と青いゴム印が押されています。
そして中央下には「愛知縣東春日井郡守山町大森字檀ノ浦法輪寺」とあります。



法輪寺絵はがき1

これは瀬戸電による沿線観光事業「蓬莱七福神」の絵はがきです
見比べてみると撮影位置が随分違っていて、山門前には大きな松の木があったこと、
そして寺名碑がその傍らにあることがわかります。
法輪寺さんには表の道路に面して二つの寺名碑があって、向かって右側には
「佛日山法輪寺」、左側には「法輪寺佐藤次信公佐藤忠信公舊跡」となっていますが、
この写真の当時からそれは同じということもわかります。

もっとも、この向かって右側の寺名碑は側面に「蓬莱七福神 福禄壽尊天奉安所」と
刻まれていることから、「蓬莱七福神」観光事業の一環として、絵はがきともども
同じ時期に整えられたものと見るべきでしょう。

[ 2016/10/08 10:02 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(10) 由緒碑

法輪寺由緒碑昭和46年8月
法輪寺由緒 碑

現在、山門前に建っている「法輪寺由緒」碑
文末の銘より、昭和46年8月に、法輪寺19世住職耕雲師の代のときに、書き改めたものとわかります。
佐藤兄弟のご母堂が息子たちの像を安置したくだりは、先の「法輪寺縁起」の冊子にしても、
この「法輪寺由緒」の石碑も、元にあるのは「尾張旬行記」に収録された「次信忠信遺像安置伝記」に
よるものとされています。(守山郷土史研究会「もりやま」第20号・梶野二郎氏)

[ 2016/09/25 11:45 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(9) 縁起冊子

法輪寺縁起1(表紙)
「法輪寺縁起」表紙
私の手許に「法輪寺縁起」と題された冊子があります。
古色のうえ、水染みでかなり汚れておりますが、判読には十分堪えます。
表紙、裏表紙のほか、縁起、由来で2ページ、写真が7ページ(10葉)という構成です。
今回はこのうちの「法輪寺略縁起」と「佐藤母子墳墓之由来」のページをご紹介します。


法輪寺縁起2(縁起および由来1)

法輪寺縁起2(縁起および由来2)

先の瀬戸電気鉄道の絵はがきは、昭和4、5年発行と推定されておりましたが、
こちらの縁起冊子は昭和7年4月発行と見られます(上の写真で赤い矢印の行)。
[ 2016/09/22 08:58 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(8) 昔の山門

法輪寺絵はがき1
法輪寺さんの昔の山門写真

絵はがきの右下に「蓬莱七福神 法輪寺 福禄尊天」と印刷がされています。
瀬戸電気鉄道が蓬莱七福神を沿線の名所としてPRしだしたのが、昭和4~5年頃と
されていることから、それに合せて撮影されたことと思われます。

山門および本堂は建て替えられているようです。
参道の右側には、現在は西国三十三所の観音堂になっていますが、この写真では
竹垣です。逆に写真左側は、現在は幟り旗が列を成していますが、写真では
屋根の一部が見えます。拡大してよくよく見ると、腰高になったお堂で、中に
仏像が安置されているような気がします。

ともあれ、山門の両脇にはくだんの石柱があります。
三界万霊等と山門禁葷酒が現在とまったく同様に建っております。
戒壇石(山門禁葷酒)のかたわらに寄り添う背の高いボードは何でしょうか?
現在はこの場所に由緒書があります。

法輪寺絵はがき1裏面
絵はがきの裏面

郵便はがきの体裁をとっています。
現在でもときどき古書店等で見かけますので、相当たくさんの数が瀬戸電によって
頒布されたことでしょう。

法輪寺絵はがき1裏面八木グラビア印刷
絵はがき裏面に印刷された版元
[ 2016/09/17 17:21 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(7) 山門

法輪寺山門
法輪寺さんの山門

法輪寺さんの山門で「おやっ」と目を引くのが、山門の両脇を固める万霊塔と戒壇石です。
上の写真で人の背丈ほどの向かって、左側の石柱が万霊塔で「三界万霊等」と刻まれています。
他方、向かって右側が戒壇石で「山門禁葷酒」と刻まれています。

(三界)万霊塔の多くは山門の内にあって、無縁墓などの墓石を集めた中央に安置することが
多いのかと思っておりましたが、こちらでは戒壇石とのペアマッチがよろしいのか、
ここに建っております。

右側の戒壇石は「山門禁葷酒(さんもんきんくんしゅ)」すなわち、山門を入るときには酒の
臭いをさせることを禁ずるとの戒めです。戒壇石はまったく同じように見えるものが
大永寺さんにもあったと思います。
[ 2016/09/16 22:32 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(6)

「蓬莱七福神御案内」を発行した瀬戸電気鉄道株式会社は、明治35年に
その前身となる瀬戸自動鉄道株式会社として設立され、明治38年に
営業運転を開始したそうです。

瀬戸電気鉄道株式会社と改称したのは明治39年12月で、先々回記した
ように名鉄との合併が昭和14年ですから、このパンフレットはその間での
発行ということになります。
ただパンフレットにある法輪寺さんの説明文がその間のある瞬間での事実かと
考えるといささか首をひねるところもあります。

たとえば人の名前や、事績の年代などは諸説あると疑ってかかるべきで、
いちいち気にしてはいられませんが、「大般若写本600巻」という具体数を
とらえると、明治24年の濃尾大震災で雨池の堤が決壊して、600巻の経巻の
うちかなりの数が流失したと伝えられていますので、もしかしたらこの
パンフレットの説明文は濃尾大震災の前に書かれていた由緒書を
元にした可能性もあります。

もともと大般若経が600巻というのは、玄奘が天竺より持ち帰った全巻が
600巻であり、600巻所持ということはフルコンプリートしている、ある種の
ステータスをひそかに誇示しているわけかと思います。
この600巻云々を含めて法輪寺さんの縁起物語の原型となったのは、
「尾張徇行記」に収められている「次信忠信遺像安置伝記」と言われて
いますが、このパンフレットの説明文もその流れなのかと思われます。

[ 2016/09/15 23:08 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(5)

瀬戸電気鉄道発行の「蓬莱七福神御案内」という観光パンフレットには、
法輪寺さんの説明(縁起、由緒)は次のように書かれています。

仏日山と号し本尊は釈迦如来なり。貞観二年、大森の城主尾関氏天台宗の
一草庵を創建し之を正宗庵と称せしが、文治年間陸奥の人佐藤庄司の室
其子嗣信、忠信追福の為め京都に出て諸仏閣を参拝せんとす。
偶正宗庵の尼僧に縁ありしければ此処に留まり庵主謀って堂宇を建立し
天文年間、雲興寺の大雲和尚修理を加え曹洞宗となし、今の山号に改め
天正年間長久手の役、兵火に罹り荒廃せしを寛文年間澄然和尚新に
堂宇を建て此処に移せり。境内には座禅堂あり薬師如来を安置し、
佐藤兄弟の肖像は地蔵菩薩の脇立とし掌善掌悪の二童子に擬へて
兄を吉祥院八過嗣信、弟を清光院剣勝忠信と法号し尚お後日堂宇修理の
資として黄金を地下に埋め置く旨を本尊の蓮台に書残せり。
(寺宝)釈迦如来木像、文殊菩薩、普賢菩薩、地蔵菩薩は何れも運慶作にして、
他に大般若写本600巻、行基菩薩作薬師如来、弁慶の手簡一幅、嗣信・忠信の
木像其他種々あり。

編註:新字体への置き換え、句読点の追加など適宜しております。

[ 2016/09/14 22:44 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(4)

守山区は東西に名鉄・瀬戸線が走っています。
かって社名を瀬戸電気鉄道と称した名残で、略して「せとでん」と地元民から
親しまれています。

その瀬戸電気鉄道株式会社が名鉄と合併する前ですから、
昭和14年までの話ですが、沿線に集客するための積極的な
活動の一つとして、守山区の寺社を「蓬莱七福神」になぞらえて七福神巡り
として観光PRを行いました。
そのときに、七福神のひとつ「福禄寿」にたとえられたのがこの法輪寺さんでした。

蓬莱七福神パンフレット

上の画像は瀬戸電気鉄道発行の「蓬莱七福神御案内」と書かれた
観光パンフレットです。後日また別枠で蓬莱七福神をご紹介したいと
思いますが、今回はその中から法輪寺さんに関連するところを書いてみます。

以下パンフレットより
福禄尊天 守山町大森の法輪寺に奉安す 大森駅より東三丁

福禄尊天は白鶴を伴う福神で南極老人星の化身にして北宗の嘉祐年中に
現われたる道士なりと云い或は福星、禄星、壽星の三星を合して一の神仙とし
是に鶴亀等を添えて目出度き者となしたるものならんとも言えり杖頭の
経巻は人の寿命を記せるものなりと伝え福禄円満に長命延壽の徳を与える
福神とせらる。
[ 2016/09/13 20:30 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(3)

法輪寺現在の正面
法輪寺さんの正門(現在)

瀬戸街道から途中で折れ曲がりながらも旧表参道を北上すると、閑静な住宅街の中に
法輪寺さんの正門が現れます。入り口の両側に寺名碑、幟(のぼり)、観音堂があり、
参道は山門へと続きます。

写真の右側には参拝客駐車場が、そして左側にはお稲荷さんがあります。
[ 2016/08/21 10:05 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(2)

法輪寺区画
法輪寺さんは北は名鉄・瀬戸線に接し、南側の緩やかな頂点、人の顔に例えれば顎に
相当するところが、瀬戸街道へと向かう昔からの表参道になります。



明治24年地形図参道ルート
明治24年の地形図によれば、法輪寺さんの門前を、南の瀬戸街道から「しだみ道」が、
そして北東から「なごや道」が通り抜けていたことがわかります。この道は現在の名鉄
瀬戸線の踏み切りのある道のようにも見えますが、おそらく次のルートではないかと
思います。



参道ルートをトレース
南側の参道は、旧瀬戸街道の特徴がよく残っておりますので、特定が容易です。
北東からのルートは、現在の踏み切りのある道ではなく、上の地図で赤く表示した
ルートだと思います。線路で分断されてはおりますが、明治24年制定の地図の
特徴をよく伝えています。特に線路の北側の道は、生活道路ではありますが、
非常にノスタルジックな味わいのある路地です。
参考 2012年8月7日 しだみ道 なごや道
[ 2016/07/31 11:00 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

法輪寺(1)

法輪寺位置
守山区大森 法輪寺

名鉄・瀬戸線「大森・金城学院前」駅より約500m東に位置する曹洞宗のお寺さんです。
近くに有る大森寺さんが尾張徳川家に縁がある古刹なのに対して、こちら法輪寺さんは
かっての大森村をささえた庶民のお寺さんです。



明治24年地形図
明治24年地形図

現在の瀬戸街道からは直線距離で約170m。しかし道路は一本道ではなく、途中で折れ曲りが
必要ですが、かっての瀬戸街道は法輪寺さんの近くまで来ておりまして、しかも表参道が
瀬戸街道に対して一本道になっておりました。

上の地図の左端で、瀬戸街道が「至名古屋」と書かれた部分に注目ください。
街道が大きく90度南に折れているのがご覧いただけると思います。
諸説はありますが、主要街道が城下近くで防衛のためにわざと道を屈曲させる
曲手あるいは別名で枡形ではないかと言われています。




[ 2016/07/17 14:14 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺さん節分前夜祭

IMG_5264s.jpg
龍泉寺さんでの節分前夜祭に行きました
露天は年々少なくなってさびしいです



IMG_5271s.jpg
わが家の神札、お守りはお正月に買わないで、いつも節分に更新しています。



IMG_5273s.jpg
とり皮のから揚げ
珍しかったし美味しそうだったので買いました
[ 2015/02/02 23:46 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

大森寺(2)

大森寺20120917-2-1
静かな墓参道
道祖神さまとお社があるところから、尾張徳川家ゆかりの墓所へと向かう道は静かで、
どことなく怖れを感じずにはいられない道です。


大森寺20120917-2-2
こんなところにお社、お堂
竹垣の曲がり角でふと中を見たらお堂がありました。何だろう?
御廟所を目の前にしてUターン、池の脇から竹やぶに分け入りました。



大森寺20120917-2-3
池の水源・・・
かっては八龍山からの清水が池を満たしていたと思われますが、一説によれば金城学院大学の
建設工事を境に水が枯れてしまったとのことです。
それで塩ビパイプを通して必要な時に水を供給。美観を損ねないように、池の側からは竹の樋しか
見えないようにされています。ここにも見事な「さざれ石」がございますね。



大森寺20120917-2-4
石仏がありました
驚きました。参道からは崖下になって見えないところにありました。
左は役行者さまですね、右は不勉強でわかりません。
お社 or お堂と関係があるのかも知れません。



大森寺20120917-2-5
上から見えてた建物に出ました
名札はございませんでした。これはお社ではなく、お寺の奥の院さまでしょうか?



大森寺20120917-2-6
鐘つき堂
モミジに囲まれてとても風情があります。
紅葉の頃ぜひとも再訪問したいです。
[ 2012/10/01 21:48 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺さんの風情

龍泉寺さんはわが家からもっとも近い神社仏閣のひとつです。
また言うまでもなく尾張の鬼門を鎮護する尾張四観音、すなわち笠寺、荒子、甚目寺そして
この龍泉寺さん、のひとつでもあります。
それゆえ1年でもっともにぎやかなのは節分で、元旦の初詣はむしろ落ち着いております。
アクセスとしては大曽根を始発とするガイドウェイバスがもっとも便利が良いです。

龍泉寺20120908-0


先日訪れた時は土曜日だと言うのに人気もまばら、残暑が厳しい中でしたが、
閑散とした境内はむしろ秋近しの風情がありました。
でんわ、でんぽうの楕円の看板、久しく見た記憶がありません。

龍泉寺20120908-1



左右に大きな提灯。時々お参りしているのに、ファインダー越にあらためて良さを再発見。
本堂裏の疑似お城は日曜日の開放。昔は本当にここから海が見えるのかとときめきながら
お金を払って入場した記憶があります。

龍泉寺20120908-2

いまでも海が見えるかは、空気が澄んだ冬の日曜の朝までお預けです。
[ 2012/09/20 20:41 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

大森寺(1)

大森寺20120917-0
名鉄瀬戸線の大森金城学院前からすぐ近くにある名刹・大森寺さんで本堂、書院の建てなおし
工事が始まっています。このお寺さんの前の道はよく通り抜けますが、7月末日より工事が
始まっていたのは気が付きませんでした。
本日は、ゆったり忍者先生の情報で、大森寺さんをお尋ねしてまいりました。




大森寺20120917-1
山門の両脇には大きな告知が置かれていました。右側に「本堂再建」、左側に「勧進」と
あります。




大森寺20120917-2
大森寺さんは尾張徳川家に由緒があります。
この教育委員会の説明板のように、二代藩主光友公の御生母乾の方様のお墓があります。




大森寺20120917-3
山門を過ぎると空を覆わんばかりの森になります。




大森寺20120917-4
しかしながら、かなり多くの敷地が工事のために地ならしされてしまいました。



大森寺20120917-5
その工事で雑木、雑草が伐採され、かような石像が森の中から白日のもとになったとの
情報が、守山探検隊の「ゆったり忍者」先生のブログ「わが縄張ブラリ散策」に載りました。
守山郷土史研究会の会誌「もりやま」第7号の「守山の石造物(その3)」の大森寺の項には
載っていない石像です。男女二体の双体道祖神で、しかも屋根付き、菊の御紋入りです。
菊の花びらは天皇家の十六菊ではなく、十弁の十菊です。



大森寺20120917-6
かたわらにはお社がありました。
しかしこちらのお社も社名など何も書かれていないので、私にはわかりませんでした。
境内は相当に広大で、現在の本堂の裏には前述の尾張徳川家ゆかりのお墓が建ち並んでいます。
またそこへ行く間には別のお社と石像が確認できました。
石像は役行者ほか一体、お社は社名なしでした。
これについてはまたご報告をいたします。

参考リンク
洋漢堂のブログ 大森寺庭園
[ 2012/09/17 18:36 ] お寺 | TB(0) | コメント(2)
FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...