FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  アマチュア無線

CD6DXX

組立手順書
【クリエイト・デザイン株式会社 CL6DXX】

台風21号に備えて地上に降ろし、分解しているクリエイト・デザイン(株)の
50MHz用7エレメントのアンテナCL6DXXですが、週末は生憎の天気で
再組立、再設置もままならないため、地上に降ろしているうちに色々と
点検、清掃、記録をしておきます。

わが家のCL6DXXは相当初期の仕様で輻射器がフォールデッドダイポールに
なっていません。またマッチングもヘアピンマッチになっています。
また善悪はともかく、ネット上で寸法を載せてしまっている事例と比較して、
エレメント長、エレメント間隔も仕様変更されている可能性があります。
上の画像の中に手書きで、「'89-9~'93-10まで」と書かれているのが、
この仕様での製造期間を表しているのかも知れません。

CL6DXXの「組み立て全体図」には輻射器~反射器と、導波器4~導波器5の
間隔が記載されていません。反射器にしても、導波器5にしてもブームの
端なので、端から60mmと記載されているだけで組立ができるからなのでしょう。
ところが「組み立て全体図」のとおりにエレメントを並べてゆくと、
どう見ても上記箇所のエレメント間隔が図面と較べておかしいのです。
「組み立て全体図」の寸法は数値の方が正しくて、図面はイメージですと
言われたらそれまでなんですけど・・・

前回タワー上に上げたときに私は相当極端な組立間違いをしていて
今回はこの修正をするのが、まず第一の目的としています。
参照:2014年のはじまり http://icr7700.blog.fc2.com/blog-entry-605.html



解析1(取説と現状の混合)

上で少し触れたように「組み立て全体図」の寸法は現物とは合っていません。
これは、もしかしたら現物と「組み立て全体図」の仕様(バージョン)が異なって
いるのかも知れませんが・・・
なにはともあれMMANAでシミュレーションをしてみました。
ビームパターンはいかにもそれらしい形はしていますが、少し慎重に検討した
方がよくなりました。




CL6DXX-2(取説優先)

で、これが組み立て手順書に記載の配列による計算結果です。
フロントゲインはほとんど変わりませんが、バックが3dBくらい改善されました。
ただこのエレメント間隔をしようとすると、ヘアピンマッチの固定ビス穴の
位置がズレできますし、逆にビス穴を使うようにすると、反射器側の
ブームが余って、反対側の導波器-5側のブームが足りなくなります。
だったらヘアピンマッチの固定ビス穴を好きなところに開けなおしたら
いいんじゃない、ってことになりますが、それはもう少し先に取っておいて
ここでは寄り道をしてゆきたいと思います。
スポンサーサイト

無線局免許状が届いた

無線局免許状が届いた。
正確には、不在通知がポストに入っていて、差出人が日本アイデックス。
何でこんな訳わからない会社からの郵便に、代金着払いを520円払わなければ
いけないのかと警戒心100%で日本アイデックスをネット検索。
すると、どうやら総務省の業務委託会社のようで、ナルホドーと一安心。
夜間窓口まで受け取りに行って、こんな会社名で不在通知を入れられても
わからんよーと筋違いの文句をぶーぶーたれてきました。

ともあれ、昔の元祖コールを復活させて、再開局に向けて大きな前進になりました。

2014ハムの祭典 日進市

ハムの祭典会場
2014ハムの祭典 日進大会
むかし鶴舞公会堂で開催されていたころに何度か行きましたが、たぶん20年ぶりくらいの
参加です。支部大会はパス、というかJARLにまだ入っていないので・・・
たぶんあと一週間くらいで固定/移動兼用の無線局免許状が届くと思いますが。


IMG0873.jpg
IC-551懐かしかったです。
むかしアイコムの営業所まで行って、551D用のフィルタを買って換装し、RFアンプは2SK125の
シングルからパラにしたものです。
移動用に重たかったので電源ユニットを取り外して、DC専用機にしましたよ。



IMG_0874.jpg
ジャンク出品が多かったですよ。
あっイイナと思ったらすぐに買わないとダメ。
一回りしてからなんて思っていたら、イイものはすぐに売れてしまいます。



IMG0879.jpg
今日買ったのはこれだけ!
インクジェット用の両面無地タイプです。
むかし1000枚単位で買ったのが残っているけど、いまさら変色した普通紙は使えないな。
アドカラーとかのカードもあったけど1/3くらいで買えたから、これで使えたら満足。
何しろ単価が安いので、通販だと送料が大きく響きます。



ハムの祭典2014日進市
こちらはクリアホルダーですね。
パンフレットとかウチワなんて手が出なかったけど、これは何枚あっても重宝します。

11月1日(土)

先週は棚卸とかで仕事が少しハードで疲れてしまったので、今日はまるで覇気なし。
朝方50MHzをワッチするも目ぼしいところは無し。少し冷えてきたので、3エリアの猛者連も出動が遅い時間にシフトしたのか。源氏物語ミレニアムの記念局も左京区から聞こえていたけど、こちらにアンテナを振ってくれなくて、呼んでもバックがないことがわかっているので最初から呼ばず。

午前中にINRADからVHF・ルーフィングフィルタが届いた。
内国消費税で700円を現金払い。

20081101.jpg

説明書はネットでダウンロードできるpdfと全く同じもので、あらためて読んで見ると、IC-756PRO2の既存のシールドカバーを半田を除去して取り去り、作業をして、その後また戻す手順が書かれていた。シールドケース剥がしには、NRD-545の時ほどの熱容量が必要なのかはわからないが、半田除去の吸引機でガーガーやらないとダメみたいだ。ちょっと軽くため息一つ。

誰か改造記をネットに上げているひとはいないのか?
先頭を切ってやるのはすごく心配になってきた。

10月31日(金)

朝USPSのトラッキング情報を見たら、INRADのVHFフィルタは、すでに日本の税関に入った模様。それで今日中に税関が吐きだしてくれれば、3連休に間に合うかも知れない。それで何を聞くのって、特には考えてないが(^^; どこかの周波数で効果確認する予定。

会社から帰宅後にチェックしたら、日本の税関を通過したようす。
もしかしたら、明日配達の目があるかも。

リグ-PC接続

先日ヤフオクで落札した、アイコムのリグとパソコンを接続するためのケーブルが本日届いた。
リグ側がミニプラグでパソコン側がD-Sub9ピンとなっている品物だ。
パソコンのRS-232Cポートは使っていないので、そのまま接続してもよいのだが、長さが足りなかった。前にWatkinsの受信機で同じように使っていた時、バッファロのUSB-Serial変換ケーブルを併用していたのが残っていたので、今回はそれを使って延長と変換をしてみた。

インターネットでバッファロのサイトから BHC-US01/GP のドライバーソフトをダウンロードしてインストール。TurboHAM LOGを立ち上げて、環境設定、入力設定を入れて、ハムログ再立ち上げで無事動作確認完了。

つまずいたのはパソコン側のCOMポート番号。RS-232Cは一つも使っていないので、何も考えずにCOM1とハムログで設定を入れたら通信NG。PCのデバイスマネージャで見たらCOM9になっていて、やっと間違いに気が付いた。
もう一つ間違えたのは設定後にハムログを再立ち上げしないと有効にならないこと。これでリグから周波数、モードのデータを取得でき、逆にハムログ側からVFOのメイン/サブ切替指示、周波数指示ができるようになった。めでたし(^o^)y

INRADを発送

さきほどUS Yahoo!のWebメイルを覗いてきたら、PayPalとINRADからメールが届いていて、本日付けでINRADのルーフィングフィルタにUSPSの送り状番号が取得されたそうだ。

早ければ今週末にも配達が得られるかも知れない。
これから毎晩、USPSのトラッキングページを見るのが楽しみになった。

インターネット上には実に様々なストリーミングが配信されている。
それを使って不明局のパラチェックをすることもあるし、個人的なコレクションとして保存することもある。その手のフリーソフトや有料ダウンロードソフトもあるのだが、使い手のスキルの問題で(^^;上手にストリーミングを落とせないことがある。しかし記録には残したい・・・
そこでPCが2台あるのをよいことに、片方のPCでストリーミングを再生し背面のスピーカ端子から出力し、他方のPCでオーディオ入力したら大変うまく保存ができた。著作権の問題などもあろうから、そのままWebに掲載することは避けるが、フェーディング、混信無しの録音だ。

そのストリーミング放送の波形を見て驚いた。
音声スペクトラムの高域が実に8000Hzまで出ているのだ。短波放送だと、そんなのは逆立ちしても無理だし、だいいち短波送信時にもっとカットされて送出されるだろう。アクセスが集中するとトラブルも発生して、パーフェクトには録音できなくなるかも知れないが、こんなもの誰が聞くのかという安心感もある番組なのでありがたいことだ。

INRAD FIL発注

昨今の円高を逆に利用しない手は無いが、さりとてペルセウスは無理なので、IC-756PROⅡ用にINRADのルーフィングフィルタを発注した。発注した商品は、IC-756Pro2 Roofing Filter Modで、トランシーバの第1中間周波数64.455MHzに使うVHF帯クリスタルフィルタだ。
商品の外観はメーカーのホームページに次の写真として掲載されている。

Mid-756ProII.jpg

このフィルタモジュール単体での性能はすさまじいものがあって、同じくメーカーのホームページには次の測定データが掲載されている。この改造をすることでSSB/CWは相当な改善が期待されるが、AM-Wide/FMはまったくNGになってしまう。AMはUSB/LSBを使い分けて、手動式の側波帯選択の同期検波もどきをやっているのでよいとして、FMは海外テレビくらいしか出番はないので、実質的なDXスタイルには何ら影響はないと思っている。

proII-II.jpg

最大のリスクは、大切な756を改造することだ。
NRD545のフィルタ交換ほど力技を要求されないが、少しの「キズ」が入ってしまう。
INRADの発送は早いそうだから、そのうちに続報を上げることができるかも知れない。

メモ用のリンク
アマチュア無線 by JI1ANI:756Proシリーズ用ルーフィングフィルター

久しぶりの青空

久しぶりの青空で、移動局も朝から聞こえていた。
感心するのは20年前、6年前にQSOした移動局が、いまだに現役で移動運用されていることだ。私も6m SSBで移動大好きだったが、もうそんなパワーはどこを探してもない。だから、20年以上変わらないそのライフスタイルにはただただ敬服するばかりだ。

過去ログの入力が終わったところで、今度はQSL受領確認を始めた。
実際のQSLカードを見ながら確認の入力をするのだ。なかにはQSOの該当ナシなどというものもある。しかし先方がカードに記入されたデータをみると納得。その多くは当方のモービル運用時のものだったからだ。当時モービル走行中のログは手帳か何かに書き取っていたとは思うが、本ちゃんのログノートには転記を怠っていたようだ。
他にも該当ナシがあった。それにも特徴があって、いわゆる記念局のたぐいだ。
記念局はQSLを一方的にビューローに送りますとアナウンスすることが多く、こちらからの発送を求められないので、ついついログに記入しなかったことがあったようだ。

机の引き出しには、なんと5~6年前の未開封のビューローからのQSLがある。
早めにQSL受取確認を進めないと、当時の方との2nd QSOの時に恥ずかしい思いをすることになる。

ビューローと言えば大昔のBCLブームの時には、BCLビューローがあった。
私は利用した経験が無いが、海外の放送局からはそれを好意的に思われないところもあった。経緯は失念したが、フィリピンのラジオ・ベリタス・アジアの神父さんから頂いた私信で、神父さんが困惑されていたのを思い出した。BCLファンの粗製濫造とも関係していたのだろう。

ログ入力完了

長かった過去のQSO電子入力が完了した。
これでリアルタイムに検索と入力ができ、リピートQSOの失礼も少なくなる!?

朝がたから北海道が聞こえていた。釧路がスポット的に聞こえる珍しいオープンだった。
10時頃、2局とQSOして、そのうちの1局が1988年以来の2nd QSOだった。先方もたぶんハムログユーザーなのだろう。こちらが言う前に気が付いておられた。

E嬢から、おっと・・・お互いオジサン、オバサンになってしまったので、E女史かな、メールが届いて「大雨で大丈夫だった?」と心配してくれた。確かに全区避難指示がでていたけど、こちらは知らずに寝ていた人ばかりで、実被害のあった岡崎市とはかなり離れていて大丈夫と返事しておいた。

夕食は「がんこ炎」へ行った。
限定10品目半額セールをしていて割安感があった。息子がご飯を大盛り+中盛りと食べて、若いパワーがまぶしかった。

TVI発生!?

昼ごろ、向かいのお宅から電話が入り、TVIの発生を確認した。
先方のお宅に乗り込む前に、TDKのクランプフィルタを同軸ケーブル、電源ケーブルに挟み込んで、トランシーバーのマイクゲイン、コンプレッションレベルを下げテスト送信。自宅のテレビではウンともスンとも障害は出ない。その状態で、先方に電話して、再度同じボイスレコードを送出してみた。やはり聞こえるとのこと!
明日時間をいただいて症状を確認するしかないか・・・

夕食は久しぶりに松坂屋10Fで、ひつまぶしを食べてきた。
年に数回しか行けないが、このところ行くたびに値上げされている。それでもお客さんの列が半端でなくできているのは、ある意味すごいことだ。

ハムフェアの速報をつらつらと見ていたら、AORがペルセウスの日本代理店として出品していたこと。アイコムからIC-756PRO3の後継機とも言うべきIC-7600が出ていたことが目に付いた。

アマ局 再開局準備(4)

明日から会社は夏季休暇に入る。
8月17日の日曜日までの8連休だ! もっとも8/16(土)は当番出社だし、いつ呼び出しがあるとも限らないが。

今朝自宅駐車場でヘビに遭遇した。
1mほどの青大将の若い個体だと思う。我が家は緑豊富な丘陵地帯の山あいだが、近年とんとヘビを見る機会が少なくなった。場所は違うが、小学生の頃はヘビを見つけるや、木切れで首根っこを押さえつけて、ヘビを素手でつかまえたものだが、もう気持ち悪くてそんなことはやれなくなった。

ログの入力は900QSOを超え、明日には最初の1冊が完了する。
入力してて驚いたのは20年も前のQSOなのに、コールサインを見て名前が浮かぶ人が何人もいたことだ。今なら昨日のことも怪しいのに、昔のことは結構覚えている。

明日からはタワーに残っている受信用のワイヤーアンテナを撤去する。
7時を過ぎると暑くてやってられないと思うので、6時台にやりたいが疲れているので起きられるかが心配。

アマ局 再開局準備(3)

本日、総通より電子申請に必要なIDと仮パスワードが郵送されてきた。
早速ログインして、必要事項を入力。念のためオンラインでの簡易チェックを受けてみたが、入力のミスは無かった。

こんな簡単なことなのに、高価なJARLの申請書を買ったり、わざわざ申請書に手書きして高い申請料金を払うことがバカバカしく思える。申請者もお役所も楽ができ、その上、申請料金が紙ベースよりも格安なので、どんどん利用しなければ損なのだろう。

過去ログのPCへの入力も好調だ。
平日でも100QSOの入力をキープできている。さらにがんばろう!

アマ局 再開局準備(2)

どこをどう探しても、過去の交信ログのフロッピーやPCデータが見つからない。
数年前までは、大事なフロッピーを目立つようにPCの上に置いておいたのだが、どこに仕舞ったのかもわからないほど、無線への情熱が失せていたようだ。

時間ばかり経過するので見切りをつけることにした。
HAMLOG.COMから最新版のTurbo HAMLOG 5.10bをダウンロードした。
私の運用スタイルは国内メインなので、このHAMLOGが今まで使ったソフトの中でもっとも手に馴染んでいる。今日は1986年を300QSOほど入力した。毎日根気良く入力して再開局に備えたいと思う。

アマ局 再開局準備(1)

久しぶりにアマチュア無線を再開しようと思う。
ログによれば、前回は2003年にQRTしている。当然のことながら、局免は失効しているので、再開局の手続きが必要だ。現在では電子申請ができるらしい。本日、早速総務省のサイトからIDとパスワードをもらう手続きをした。

準備をしていて思い出したのだが、2003年当時、大切なパソコンでのログをハードディスクのクラッシュによって失っていた。それが前回QRTした大きな理由だったと思う。

再開局の許可が降りるのには約3週間くらい掛かるらしい。
その間にTurbo HAM LOGの入力をイチからやって、追いつけるかわからないが、PCで過去ログを見られるのと、見られないのとでは大違いなので、ぼちぼちと始めようと思う。
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ