FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  >  BCL

NHK大阪第一停波のお陰で

昨夜の手抜き録音は、太さんのBBSでWakiさんにご教示いただいた666kHzにしました。NHK大阪第一666kHzが01:00Jに停波すると、代わってフィリピーノと中国語が聞こえてきました。下のファイルは02:00Jのアナウンスです。このDZRH、聞いた範囲では24時間放送なのか、終了がつかめないままNHKが復活してしまいました。

200703130201J666U.mp3
Mar.13, 2007 02:01J 666kHz DZRH, PHL WJ8712A, MW550P, "Skydoor"ant.
[ 2007/03/13 20:46 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

昨夜の1476kHzから

昨夜も好事家が 太さんのBBS に集まって未明の受信をしました。私はあちらこちらウロウロしましたが、最後は1476kHzにしぼって1本釣りスタイルでした。1476kHzでは1kHzのビート音が気になりました。太さんによればこれは1475kHzにずれているマレーシアで、0時30分くらいの終了とのことで、0時33分に下のファイルの通り、放送終了を録音できました。


代わってそれまでマレーシアに邪魔されていてよくわからなかった局が聞こえてきました。フィリピーノでした。太さんによれば、DXRJではないかとのこと。周波数は1476.1kHzほどにずれています。もう本当に眠たくなるような教会のお祈り番組で、粘った末に1時28分の放送終了が録れました。


その後は今朝録音を聞き返しましたが、NHKの残存キャリアなのか、DXはわかりませんでした。


Mar. 11, 2007 00:33J 1475.005kHz R.TV.Malaysia


Mar. 11, 2007 01:28J 1476.095kHz DXRJ


受信機はWatkins Johnson WJ-8712A、アンテナは31mb用スカイドア、受信モード:ISB、IF帯域幅:2.80kHz、プリセレクタ:Palstar MW550P、音声処理:Adobe Audition Ver.2.0
[ 2007/03/11 14:31 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

1467kHz-TWR

相変わらず、就寝中の深夜手抜き録音は続けていますが、聞くところが悪いのか、コンデイシヨンが悪いのか、録音をアップするようなヒットに巡り合えません。しかし、何か出さないと「あいつは三日坊主だ」と思われてしまいますので、また今日も空振り三振ですが音声ファイルを上げてみたいと思います。


Mar.6, 2007 0000J 1467kHz KBSだけかと思いきや...


Mar.6, 2007 0100J 1467kHz この時間がわかりやすいです


Mar.6, 2007 0200J 1467kHz 時報がダブルで聞こえます


実はこの周波数は、ここのところしている手抜きワッチでは初めての周波数で、昨夜録音を開始した00:00JにKBSの裏で聞こえたTWRのISに、一瞬凍ってしまいました。送信地がわかってしまえば、ハイそれまでよで、ナンでもなかったのですが。
[ 2007/03/06 20:22 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

Radio Aap ki Dunyaa

一応毎夜中波の録音をセットして就寝することにしています。

それが1548kHzであったり、他であったりはしていますが、さて月曜早朝はどこにセットしようかと考えて、太さんの MW-FM-DX BBS で、2/23に長谷川さんが投稿されたニュースを思い出して1539kHzにしました。

-------------------------------------------------------------

R.Aap Ki Dunyaa 投稿者:長谷川 投稿日: 2月23日(金)22時36分16秒

BBGのパキスタン向けが1539kHzに出てきたようです。

北欧からのメールでの情報ですがUAEのAl-Dhabbiyaからnew 800kWでの
送信のようです。これでDjibouutiとドイツは苦しくなりましたね。

-------------------------------------------------------------

以下、時系列的に録音を掲載します。


1539kHz Feb.26, 2007 0200J


1539kHz Feb.,26 2007 0300J


1539kHz Feb.,26 2007 0355J VOAのURLを宣伝しています


1539kHz Feb.,26 2007 0409J 美声の歌をどうぞ


1539kHz Feb.,26 2007 0419J ロングでIDです


1539kHz Feb.,26 2007 0500J


2時、3時での混信は近隣諸国とジブチでしょうか?5時の混信はドイツですか?5時のファイルに入っている1kHzのビート音は不明です。まさかロングパスとは思えませんが...。録音ファイルは編集ソフトを使っていますので、実際の受信音とは異なります。受信機の設定はUSBモード、帯域幅4kHzです。アンテナは31mB用スカイドアを北西方向に向け、プリセレMW550Pを通しています。
[ 2007/02/26 12:46 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

ラオスの短波局

ラオスからの短波放送は首都ビエンチャンの6130kHzが有名で、混信さえ無ければのんびりとしたラオスの音楽を聞くことができます。ところが「混信さえ無ければ」、これがなかなかやっかいです。それでもここ何年、何十年の中では最近は混信が少ないようで、時々意外に良く聞こえることがあります。


そのビエンチャンからの50kW送信に対してはなはだ非力ながら、あまり混信が無いことから聞こえているのが、4678kHz付近に出ているSam Neua局です。Sam Neua(サムヌア)はラオス北部のフアパン県(Houaphan Province)の県都で、ここからの放送はたったの1kWと伝えられています。PWR2005で紹介されている訪問記には、とんでもなく骨董品の送信機が掲載されています。


下は本日の放送の録音です。本日は *20:05-21:30*、周波数は当初4677.673kHzでスタートしたのが徐々に上がり、20:30Jには17Hzほど動いていました。そのあと外出していたので見ていませんが、USB/LSB限定などと言っていたら、どんどん?離れてしまうことになります。


Lao National Radio, Sam Nuea, Feb. 24, 2007 21:00J 4677.8VkHz
MODE:AMS, BW6.4kHz


録音はラオス時間の夜7時の7点鐘の途中から始まりますが、状態が悪いので鐘としては聞こえないかもしれません。


こちらはだいぶ前に録音したもので、多少まともな音です。

Lao National Radio, Sam Nuea, Jun. 24, 2003 21:00J
[ 2007/02/23 23:35 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

1548kHz 深夜受信

年末の大掃除以来、私の就寝中に不精受信録音をしてくれるVHSデッキがどこかに片付けられてしまい困っていました。VHSデッキに120分テープをセットして、3倍モードで録音すると6時間録れて、なかなかウマイ方法だったのですが、「アレどこ行った?」と女房に聞くのも面倒なので、試しにPCで録音してみました。電気代などマイナスはありますが、後でチェックするのには断然PC録音の方が勝手がよろしいです。7時間くらい録音させて、Waveファイルで4GB超というところです。下の録音は1548kHzの不精受信の成果?です。


Feb. 14, 2007 0345J 1548kHz TWR MODE:ISB BW:3.2kHz


Feb. 14, 2007 0400J 1548kHz ABC


Feb. 14, 2007 0530J 1548kHz VOR


時間とともにイロイロなところが入る1548kHzは中波不精受信の入門周波数?ですね。受信モードはISB、帯域幅は3.2kHzです。ステレオ録音で、その時その時のサイドスプラッシュの少ない方を採用するのですが、今回はそのままL/Rチャンネルでアップしました。左右で微妙に時間がズレていたり、音階がズレていたりします。受信機の中でほんの少し左右で処理時間がずれたり、周波数が1548kHzどんぴしゃじゃなかったりするためだと思います。受信機はGPSに基準周波数をロックさせていますので、たぶん合っていると思いたいです(^^;
[ 2007/02/14 22:24 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の受信から

本日も不思議なことに7時少し前に起きられましたので、昨日同様にキプロスを聞きました。毎回同じような番組のオープニングの音声ファイルを上げてもなんですから、今回は本日最初に流れた歌を掲載します。これはキプロス音楽というのでしょうか?


Cyprus B.C. Jan.27,2007 0715J 9760kHz BW:3.2kHz MODE:USB
[ 2007/01/28 18:27 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の受信から

冬の休日は1分でも寝床にいたいものですが、たまたま目が覚めたときにキプロスの開始時間によかったので、久しぶりに聞いてみました。下の録音の頃はよかったのですが、次第に混信がひどくなりましたので、途中で聞くのを諦めてしまいました。



Cyprus B.C. Jan.26, 2007 0715J 9760kHz BW:3.2kHz USB
[ 2007/01/27 21:46 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

MY BCL LIFE 2006

NakaさんのMY BCL LIFE 2006を拝見して、BCLに対する情熱の浮き沈みに共感を覚えました。


ひるがえって、今の自分が沈んでいる流れを追ってみました。2006年の前半までは新型受信機がなかなかリリースされないもどかしさに、自作機器を付加して戦力をアップさせようと考えていました。ハムフェアで衝撃的なIC-R9500の出品があり、もはやこれしかないと思い込み、軍資金の調達のために手持ちの受信機を大放出しました。しかし発売日や価格の発表が全く無く、湯気が立ち上っていた頭もすっかり冷えてしまいました。だからと言って放出第2弾にすべく残してある受信機に手を加えるのははばかられ、さりとてアンテナフィルタの製作も、新型受信機を買ったら不要になりそうでヤル気が失せました。


そんな虚しい日々の中IC-R9500の発売ニュースが飛び込んできましたが、買える買えないではなくて、買いたくないような値段によって更に深みに落とされて現在に至っています。今は残った受信機も放出してすっきりさせるか、現状維持、自然回復を待つかの分岐点です。たぶん全部手放してリセットしたい気持ちが強いです。
[ 2007/01/09 22:01 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

CQ誌の電子化

我ながら物持ちのよさは呆れるばかりです。
昔からのCQ誌が捨てられずに後生大事にしまってあります。昔は瑞穂区の専門電機さんが合本と言って、1年12冊を一冊に綴じてくれましたが、今さらそんなことをしてくれるショップがあったにしても、そうまでして持っているモノでもないでしょう。


11連休の休みを利用して、いま現在残しておきたいページだけをスキャンして、pdf化しました。残しておきたいページも当時と今では異なります。また今と将来でも異なることでしょう。でも、それはそれ、将来困ったら図書館で探すこともできますし、CQ出版が電子化してくれるかも知れませんしね。


これからも暇を見つけてはせっせとpdf化してゆこうと思います。
[ 2007/01/06 16:28 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

高木アナの懐かしいお声

元RAE日本語アナウンサ高木さんの懐かしいお声がFMラジオから流れました。これは名古屋のFMラジオ局ZIP-FM77.8の朝8時からの番組TOYOTA WORLD WIDERSで、「海外で活躍する方にお話をうかがう」、それが本日は高木さんだったのです。


このニュースはアルゼンチン在住のメディアコーディネーターTOMOKOさんにより、RAEメーリングリストで配信されるとともに、彼女自身のBlog主観的アルゼンチン/ブエノスアイレス事情でも掲載されました。TOMOKOさん、ありがとうございました。


聞き逃された方や、ZIP-FMのサービスエリア外の方のために、TOYOTA WORLD WIDERSを収録しました。せめてもの良心?のため、スポンサーのCMはノーカットです。トヨタさん、良い番組を提供されますね、ありがとうございました。


ZIP-FM77.8MHz Nov.30, 2006 0800J 元RAEアナ高木さんの出演番組
[ 2006/11/30 23:08 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

受信部フロントの選択性

近年のアマ用最高級トランシーバーは、アイコムにしてもヤエス(あえてヤエス)にしても、受信部のフロントエンドに選択同調部を持たせています。これは実に当然の機能です。なぜなら、近隣諸国からの強力な放送波しかも汚い!これの排除、コンテストの時の他バンドからの影響の排除、さらには住環境によってはローカルなノイズもあるかも知れません。従来のアマ機、いや現在の最高級機以外のアマ機ではここの作りがBPFのみで済まされ、前述の妨害波に弱い一面があります。左の画像はIC-7800のデジセル単独の波形です。(「IC-7800のすべて」より)



次いで左の画像はアンテナ端子からBPF通過後までのトータルの波形です。確かに頭はツンと出ていますが、同調周波数7.22MHzに対して3.5MHzが50dBダウン、10MHzが40dBダウンと裾の方はお世辞にもキレイとは言いがたいようです。




それに対してFTDX9000のVRFの波形です。こちらは高域側に減衰極があるのが特徴です。このノッチがある程度自由に作り出せて、移動できれば武器になりそうです。




宣伝用の波形だけを見るなら、このμ同調が一番フィルターシェイプがよさそうです。しかし下側はキレイに減衰していますが、高域側は-40dBくらいで頭打ちのようです。




私の使っているRedifon社のプリセレクタRFS11で、上の両社と同じ測定条件で7MHzに同調を取ったときの波形です。いささか手前味噌ながら選択外の減衰傾度はなかなかのものがあると思います。おおむね1MHz離調で75dBほどの減衰が得られています。

[ 2006/11/26 21:38 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の受信から

話題の局をおこぼれで追ってみました。



RRI-Manado Nov.25, 2006 23:59J 3215kHz


Cyprus BC Nov.26, 2006 07:15J 9760kHz
[ 2006/11/26 09:53 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

RF-551A

227b9.jpg

この趣味も長く続けていると「やる気」の好不調がフェーディングのように押し寄せてきます。そういう時には非情に不本意ながら、物欲をストレートに発揮して強制的に解決をはかる場合があります。今年は受信機を3台放出してラックに空間ができてしまいましたので、プリセレクタを買うことにしました。


写真は届いたHarrisのプリセレクタRF-551Aです。実はこのRF-551Aは3台目の購入になりますが、1台は既に手放してなく、2台目はレストアを途中で放り投げて隠してあり、そして今回の3台目です。いままで使用した中で文句無く最高のコンディションで「like New !」です。RF-551Aに関してはいろいろな方が書かれていますのでご参照下さい。


JK1VXE's RTTY Directory - RF-551A

HARRIS RF-551A TEST(JH2CLV)


プリセレのチューニングはどんな機種であれ面倒なものですが、広帯域のアンテナを使うときには、受信機のトップには全帯域の大変なエネルギーが入ってきますので、こうした付加装置で電波をクリーンにしてやることも大事かと思います。
[ 2006/11/25 22:12 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の

夜中にふと目が覚めてしまいまして受信機に向かいました。MW-FM-DX掲示板で化石師匠が1時10分に1512kHzのDYABの情報をアップされていましたので、3時頃からそれを聞いてみました。1512kHzは私のプアーな耳にも、何局かの団子になっていることはわかりました。チャンピオンのDYABは一聴多分それとわかります、しかし二番手、三番手がよくわかりません。下の録音はその時のものです。


DYAB Nov. 18, 2006 03:10J 1512kHz バックにも何か聞こえます

Un ID Nov. 18, 2006 03:21J 1512kHz フィリピーノを潰してきました


ちなみに2005年4月19日の録音もアップします。

DYAB, PHL. Apr. 19, 2005 00:19J 1512kHz
[ 2006/11/18 11:07 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の受信から

少し前なら1630kHzと言えばXEUTでしたが、最近のこのチャンネルで
聞こえるスパニッシュはKRNDのようです。
コールサインは取れませんが、"La Grande"というスローガンが時々聞かれます。
しかし関東以北の方とは雲泥の差ですな。情けない音です。

(KRND), La Grande Nov.16, 2006 1630kHz
[ 2006/11/16 23:18 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

本日の受信から

gakuji7n4njnさんのblog「BCL日記」を拝見していて、
同じようなことをされる方もいらっしゃるのだなぁと感心しながら、
私も既に屋外には入れていましたが、室内側にも沢山入れてみました。

私の使っているコアはTDKのZCAT3035-1330というもので、
同軸ケーブルなら8D-2Vクラスまで通せる内径のものです。
まぁ、ノイズは多少減ったかなという程度です(^^;

久しぶりに平日の夕方にのんびりと受信ができました。
R.Nacional (Argentine) Nov.15, 2006 6059.976kHz 18:45頃 BW:4.8kHz MODE:AMS S=7-8
[ 2006/11/15 21:19 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

1700kHzがそこそこ入っていました

今晩は冷えます。

ワンちゃんのお散歩も寒くてつらかったです。太さんの掲示板が
TP受信で盛り上がっていたので、ちょっと調べ物をしながらずっと1700kHzを聞いていました。

Nov.7, 2006 23:15頃 1700kHz AMS 6.4kHz
[ 2006/11/07 23:30 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

Radio St.Helena特別放送

待ちに待ったセントヘレナからの特別放送がありました。

一度でも寝ると起きられないと思って、前夜からそのまま待機して待ち構えていました。
スケジュールでは、日本時間の3時からニュージーランド、オーストラリア向けで特別放送が
スタートします。

放送に先立ってテストがあるだろうと11092.5kHz USBで待ち受けしていると2時38分頃から
断続的にテストが始まりました。セントヘレナはアフリカ大陸の西側の孤島で、たぶん電波の
到来方向は真西だろうと見当をつけて、31mb用のスカイドアアンテナを西に振りました。

録音の最初は3時のオープニングのものです。フェードイン、フェードアウト以外は一切触っていない生音です。
続いて日本向けと欧州向けも掲載します。

R.St.Helena Nov.5,2006 03:00J 11092.5kHz USB 豪州向け

R.St.Helena Nov.5,2006 05:00J 11092.5kHz USB 日本向け

R.St.Helena Nov.5,2006 07:00J 11092.5kHz USB 欧州向け

[ 2006/11/05 07:43 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

友あり、遠方より来る

本日はいわゆるオフ会、お友達が遠方より来てくれました。
話術が巧みでオモシロイ人が何人もいらっしゃると、もうそれだけで感心するやら、
爆笑の渦になるやら、楽しい一時を過ごすことができました。

私はあいにく聞き役ばかりで、満足にご挨拶も、近況報告もできなくて申し訳ありませんでした。
また是非お会いできたら、もう少しはお話できると思います。今日は本当にありがとうございました。
[ 2006/11/04 21:36 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

...ながら受信

私のBCLのスタイルは完全に「...しながら」受信です。まっ、時にはDX局のみに真剣に聞き入ることもありますが、多くはWeb巡回しながら、手紙やe-mailを読みながら、書きながら、なのです。そんな時に耳障りな放送を聞こうものなら、両立しないばかりか、気分がいいわけありません。


私は帰宅後から就寝までの間で、フリーな時間がだいたい21時から24時くらいなので、その時間帯となるとどうしても東南アジアののんびりとした音楽番組が多くなります。本日は下に録音のリンクを載せますが、ベトナムのSon La局を聞きました。


Son La, Vietnam Oct. 31,2006 1300U 4739.76kHz
[ 2006/10/31 22:45 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

Wellbrook RF PRE-AMPLIFIER(2)

Wellbrook RF PRE-AMPLIFIER(1)のコメント欄に、テラさんのご質問にお答えする形で追加情報を掲載しましたが、あらためてここにまとめてみます。

まずこのアンプはWellbrook社の既製品の中では異色の外観です。IN/OUTのコネクタが無く、すべてリードワイヤです。また屋外のマストなどに取り付けるようなブラケットやボルトもありません。それでありながら、K9AY、他の受信アンテナ用と用途説明があります。つまり今までの同社の至れり尽くせり、痒いところに手の届くような商品ではなく、ユーザー側の自由度をかなり認めてくれた商品であるといえます。

追加情報として使用デバイスはZTX327、それを4本使ったパラレル・Push-Pullだそうです。NFは1MHzにおいて、なんと3dBとのこと!ほとんどすべてのMF/HF受信機の総合NFより大幅に優れていると思います。Wellbrook社のAndy社主は昔からZTX327が好きなようで、いまや幻の同社製位相調整器APU-100でも使われています。最近では、"RF PRE-AMPLIFIER"とほとんど同じ構成で、New-ALA100やNew-AS1030のアンプ部に使われています。いな、ALA100やAS1030での技術的な蓄積で、アンプだけを取り出したのが今回の商品と言えるかもしれません。

このアンプを皆さんがK9AY、他の受信アンテナにどのように組み込まれるのかとても楽しみにしています。
[ 2006/09/22 19:56 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

タイのクーデター(2)

今日のラジオ・タイランド日本語放送では、このたびの政変と、評議会による全権の掌握について明確に報道しました。その録音を下に載せました。

ラジオ・タイランド日本語放送 9/21 2200-2215 11685kHz USB3.2kHz
[ 2006/09/21 22:48 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

タイのクーデター(1)

タイで久しぶりにクーデターがおきました。

この国にとってクーデターは珍しいことでも血なまぐさいことでもなく、国民にとっては「ああまたか」と妙に納得することだそうです。本日のラジオ・タイランドの日本語放送を2200-2215Jに11685kHzで聞きましたが、アナウンサの村山康弘氏はとうとう「クーデター」という言葉を使いませんでした。
「クーデター」どころか政変についてもコメント無く、唯一それとなく報道されたのは、野党党首の談話として「現在の政治問題を解決する方策は今明らかにできないが、その一つはタクシン首相自身だ」と伝えたことくらいでした。それが評議会が与えた原稿なのかはわかりませんが、まあ彼我ともにどーでもいい放送なのでしょう。
[ 2006/09/20 22:17 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

Wellbrook RF PRE-AMPLIFIER(1)

1d5df.jpg


一週間くらい前に、英国Wellbrook社ホームページにRF PRE-AMPLIFIERと題して新製品がラインナップされました。


同社のホームページから抜粋します。

· Nominal 17dB gain 50kHz to 10MHz

· 12dB gain up to 30MHz

· 10dB gain down to 20kHz

· Multi-transistor Balance design

· Transformer feedback

· Transformer coupled input

· 50 Ohm input and output

· Input is either Bal or Unbal

· IP2 ( output ) Typically +90dBm

· IP3 ( output ) Typically +43dBm

· Power 12v. regulated at 150mA

· Compact: 40x40x20mm module


この中で面白いのは、Multi-transistorをBalance designで使っていること、Transformer feedbackを掛けていることです。

更に抜粋しますと、 The 2 Green wires are the Balanced RF input.で平衡入力が可能なことと、For an Un-balance input, connect one Green wire to Ground/ Bare wire and the RF input to the other Green wire.で不平衡入力も大丈夫のようです。写真は見つけられませんでした。記事からはK9AY用またはその他アンテナ用と読み取れます。気になるお値段は£50 .00+送料£5 .00とのこと。一緒に買いたい人は声掛けて下さいね。

---------------------------------------------------------

アンディさんから写真を送ってもらいましたので掲載します!
[ 2006/09/20 20:49 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

Wellbrook ALA100

1ce8f.jpg


Wellbrook CommunicationsALA1530はあまりにも有名な受信用ループアンテナですが、同社代表のAndy氏をして「最も受信効率の高いアンテナ」と言わしめたのが表題のALA100です。


ALA100として同社より供給されるのは、屋外のヘッドユニットと呼ばれる直下アンプとアンテナインターフェイスと呼ばれる室内ユニットのみで、いわゆるアンテナ部分はユーザーが調達するようになっています。でっかいループが好みなら、一辺5mくらいにすれば大きさだけは満足できるかも知れないし、同社が勧める一辺2~4mで1回巻きもしくは2回巻きにすれば、屋外で回転させられる人もいるかも知れません。


U.S.Yahooのグループ"ALA1530"でALA100の話題が出ていましたので、その話題のURLをご紹介します。Five Below: DXing with the SDR-1000
on Mediumwave and Tropical Bands
というBlogの中のClose Up: The Wellbrook ALA 100 Antenna with Rotor というタイトルの記事です。


写真はそのBlog記事からのパクリです。この写真の菱形3回巻きはAndy氏の指南によるものらしいです。
[ 2006/09/15 09:15 ] BCL | TB(0) | コメント(0)

今夜はRRI-Ternate

BCL/DXingのリハビリも少し続けられそうな気分です。
今日は昨日に続いてインドネシアを聞きました。



RRI-Ternate Jun.19,2006 1500UTC 3345.03kHz LSB2.60kHz

[ 2006/06/19 23:44 ] BCL | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

管理人:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。ご連絡は画面右側のメールフォームよりお願いします。記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してから入力されてください。コメントは公開と非公開を選べます。お名前欄が空欄の場合は、私がお人違いをするかも知れませんので、ご記入をお願いいたします。

Twitter...