わが町 守山区 TOP  >  ホテル

ホテル「夕なぎ」、石碑「不老泉」(2)

過去記事
2016/06/06 ホテル「夕なぎ」、石碑「不老泉」
2012/09/10 ホテル夕なぎ(廃墟)

夕なぎ Google earth

ここ1年以内の撮影と思われるホテル夕なぎ

Google Earth による上空からの写真です。
最初は屋上にエアコンの室外機が並んでいるのかと思っていましたが、
拡大して驚きました。

室外機と思えたのは実は文字盤で、屋上の3辺におのおの6枚ありまして、
6枚を続けて書き連ねると「夕なぎホテル」になっています。

まさか東名高速道路から見える狙いなのか、はたまた航空写真に写る狙いなのか、
どちらもあまり期待薄というか、絶望的だと思うのですが。

実はここ数年、ラブホテルの特集記事の載った、古い雑誌を捜しているのですが、
なかなか見つかりません。
よしんば見つかったとしても、こんな場末のホテルが掲載されている可能性は
極めて低いのでしょうけど。
スポンサーサイト
[ 2016/06/07 22:24 ] ホテル | TB(0) | コメント(0)

ホテル「夕なぎ」、石碑「不老泉」

前記事 2012/09/10 ホテル 夕なぎ(廃墟)

先日のまちあるきイベントで、ゴールで声をかけていただけた方としばし談笑。
その中でホテル・夕なぎと石碑「不老泉」の話題になりました。
失礼を承知で石碑の由来についてご調査をお願いしたところ、
思いがけなくも守山スマートインターの工事で跡形なく更地になっているとの情報。
それで工事のお邪魔にならないように休日に見に行きました。


ホテル夕なぎ跡


いやぁ~、まいった、まいりましたよ
[ 2016/06/06 22:32 ] ホテル | TB(0) | コメント(0)

ホテル 夕なぎ(廃墟)

私がときどき通勤路に使う抜け道近くにラブホがあったような気がして、いつもならその手前で
曲がる道を、行きどまり承知で車で探索して見ました。
場所は東名高速道路の守山パーキング近くです。
このあたりの字名は東禅寺と言って、江戸時代にはお寺があったそうです。

ホテル夕なぎ20120908-1

2005年版の住宅地図によればたしかにこの場所は「ホテル 夕なぎ」となっていますが、
Google mapでは有限会社仲村設備工業寮となっています。

ホテル夕なぎ20120908-2

このバリケードと雑草、雑木では昨日今日の封鎖ではなさそうですね。

ホテル夕なぎ20120908-3

あれ~、なんかありますよ!!!!
不老泉と書かれた石碑です。

ホテル夕なぎ20120908-4

雑草を払って側面を見ると「安永六年丁酉二月」と書かれています。
帰宅後に西暦に置き換えたら1777年、本当なのかな?

ホテル夕なぎ20120908-5

反対側の側面は見づらいのですが、「馬州」「木祖同人」でしょうか?馬州で検索すると、榎本馬州とかありますが、判読に自信がありません。 →馬州ではなくて、信州でした。ホテル夕なぎ20120908-6

左隣に置いてある水鉢のようなものと石碑がペアのようです。
ラブホがここに花壇を作った時に、趣味がいいのか悪いのか、この石碑と水鉢を置いたのかも
知れません。

ホテル夕なぎ20120908-7

左は庄内川、右は東名高速道路にはさまれた「行きどまり」の道路にあります。

ホテル夕なぎ20120908-8

開業していた当時の住所は、守山区下志段味上東禅寺2409-1
ネット上での口コミでは・・・・・
廃墟(2004/12/29 01:11)
どこかの会社か寮になっていた。(2005/12/17 09:46)
なるほど~、もう随分むかしに廃業していたのですね。
[ 2012/09/10 07:03 ] ホテル | TB(0) | コメント(2)
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック