わが町 守山区 TOP  >  資料・文献にほんブログ村 人気ブログランキング

古書会館即売会 10/3-10/5

毎月恒例の、古書会館即売会にいそいそと

今回は1階の100円コーナーが大解放!

ゲットした100円本は、愛大史学が5冊、(いわさき)ちひろの世界が1冊

2階で東海歴史の会16年のあゆみも買ったけれど、100円コーナーの印象が大きすぎ・・・

浮世絵とか美術館とかの大型本まで100円だったから、買っとけばよかったかなぁ~

愛大は母校でもなんでもないよ、弟の母校だけど(笑)

今となってはどっかの国文の日本史専攻に進んでおけばよかったな~と悔やむ

一応日本史の模試は愛知県で100番くらいだったし、でも無理か、それくらいでは大学に残れないかな?
スポンサーサイト
[ 2014/10/05 23:07 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

9月6日

古書会館即売会
月に一度の即売会にいそいそと。
1時間くらいかけてゆっくりと隅から隅まで。 購入したのは次の5冊

・ 名古屋の街 戦後復興の記録 600円
・ 愛知県伝説集 500円
・ 京都の「戦争遺跡」をめぐる 200円
・ 香流川物語 1,000円
・ 戦争中の暮らしの記録 300円

購入金額はいい加減な記憶。 古書会館って、会計のときに値札を剥がしちゃうし、
レシートも発行されないから、帰宅後に合計金額がなんかヘンだなあーって思っても後の祭り。
昨日はレジ使ってたけど、ちょっと前までは電卓だったからなおさら・・・
「香流川物語」は中学校の恩師の作で、自分自身同タイトル2冊目の購入になるけれど、
かなりキレイだったのと、どちらか1冊を自分用の”自炊”にまわすつもりで
追加の入手としたわけ。

わが守山郷土史研究会の会報「もりやま」も自炊用2冊目購入作戦が進行中。
本チャンを裁断して自炊してもいいけど、やっぱごろ寝して読むスタイルも維持したいからね。
[ 2014/09/06 23:12 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(2)

名古屋市政資料館

市政資料館20140827-1
名古屋市市政資料館
今週は8月2回目の夏休みで数寄三昧をさせてもらっています。
本日はかって知ったる名古屋市市政資料館へいそいそと出かけました。



市政資料館20140827-2
結婚式の撮影現場にばったり
便乗して、遠慮がちに撮らせていただきましたら、花嫁さんが目線をくださいました。
相方の親戚のオジさんとでも思われたのかも・・・(^ ^ ;



市政資料館20140827-3
名古屋市公文書館
今日の目的地はここ。てか、この中ではここしか知らないのですが。
ホームページ公文書目録がありますので、あらかじめ精査して、印刷して持参すると、
職員さんのお手間が省けて結構かと思います。
私はさらにデジカメも持って行き、ハードコピーは全然したことがありません。



市政資料館20140827-4
喫茶室
お昼はここでアイスコーヒーと小倉トーストをいただきました。
第貳號法廷と書かれたプレートは、この市政資料館が旧名古屋控訴院地方裁判所区裁判所庁舎を
利用して、かつ近代遺産として保存しているからです。

本日のお宝(拾い物)は10点くらいありました。
このブログの今後の記事の中で、史料として使ってゆきます。
[ 2014/08/27 17:18 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

愛知県公文書館

愛知県公文書館20140812
愛知県公文書館
郷土資料を閲覧するために時々訪問します。
官庁なので基本的には土日休館です。現役サラリーマンの身としては、会社のお盆休みに
待ってました!とばかり出撃することになります。

場所は県庁とか市役所のある近くの「愛知県自治センター」です。
名古屋城二の丸駐車場に30分180円で駐車して、5分とかからない距離にあります。
世間は夏休みだのお盆休みだのといっても、ここはお子様も、学生もいない別天地で
図書館のようなフロアーで存分に資料を閲覧することができます。

名古屋市の公文書館もそうですが、ここ愛知県の公文書館も資料をデジカメで
撮影することができます。写真や図を撮影しようとすると、解像度や手ぶれが気になりますが、
あとで文字に書き起こすだけであるなら、つまり後で判読できればよいだけなら、
スマホのカメラ機能だけで十分です。

愛知県公文書館の場合は、所蔵資料検索システムがインターネット上に公開されていて、
事前に資料の検索と、検索結果を基にした資料請求書の作成ができます。
作成した資料請求を事前に印刷しておき、訪問と同時にカウンターに提示すれば
お互いの手間が省けます。
しかしながら、ここの職員さんはとてもご親切なので、「初めて来ました」と素直に言えば
本当に懇切丁寧に教えてくださいます。

本日の閲覧は写真の資料です。
検索結果のみでは自分にとって要/不要の判断がつきませんので、結果的に
期待通りの資料ではないことも多々ありますが、それは仕方が無いことです。
ちなみに本日の資料は私にとってはアタリが含まれていました!
[ 2014/08/12 16:46 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

リヴィン春日井 古書即売会

上野の郷土史

リヴィン春日井 古書即売会
が1月23日(木)から1月26日(日)まで開催されています。
木曜日も金曜日も会社の帰りに立ち寄り、おのおの1時間くらい郷土史本探しを
してきました。
いつもの古書会館での開催よりも品数が豊富で、かつ尾張、東濃地方の関係本も
期待できます。

今回の買物の中でナンバー1の古書は写真の「上野の郷土史」です。
パッと見には、伊賀上野とか東京の上野をイメージされるかも知れませんが、
これは実は鍋屋上野の郷土史なのです。
鍋屋上野は千種区の古くからある地名で、当時は出来町のあたりを西に、東は名東区との
境界である富士見台学区にまでおよぶ広大なエリアでした。

守山区の郷土史をやっておりますと、守山区を囲む市区町村の影響や関係が
とても重要なことに思い知らされます。
文化や風習、習慣、信仰がどのようにして伝搬してきたのか、あるいはそれらの原型は
どちらの市区町村に色濃く残っているかなど興味は尽きません。
古書市にはそうしたお宝が埋もれていのを発見する楽しみがあり、
今回のように運よく見つけた時には思わずガッツポーズをしたくなるものです。

この本は昭和53年に非売品で出版され、県下では愛知県図書館や市立鶴舞図書館にも
蔵書され、一般に閲覧することが可能です。
[ 2014/01/25 08:49 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

「庄内川のわたし舟」

庄内川のわたし舟
「庄内川のわたし舟」
とあるインターネットオークションでこの本の出品を見つけた。
出品者による説明文には、「1991年 私家版?。初版。頒価800円。93p。17×11㎝。
表紙カバーにわずかにムレ、小口にわずかに汚れがあります。中身に問題ありません。」とあった。

早速詳細を調査するために、インターネットで検索してみたが、図書館蔵書情報以外には
出品情報を補足するものは得られなかった。
商品は無事落札でき、本日郵便で届いたのが上の写真。

現物は文庫本程度の大きさ。
内容は大きく三部に分かれ、表題の小説が8割程度、残りが「庄内川のわたし舟によせて」と
「渡し舟によせて」となっている。
小説は後回しにして巻末の「渡し船によせて」から読み始めて驚いた。

筆者の田中実氏はかって守山区の白沢小学校の教諭で、その当時の教え子が歴史クラブで
書いた作文「庄内川の渡し船」が出版のきっかけとなった由。
1991年の出版に対して、その思い出話を「十数年前」と表現しているから、
1970年代後半の白沢小学校教師とその教え子(小6)の関係が想像される。

守山郷土史研究会の会報「もりやま」には次の関連記事が見える。
 昭和58(1983)年「庄内川の渡し場について」、久野冴子さん
 昭和59(1984)年「再び庄内川の渡し跡をたずねて」、久野冴子さん
また「渡し」という文字がタイトルには含まれていないが、文中に言及されている記事は次の通り。
 平成2(1990)年「東春日井郡川村の郷(上)」、滝本庄吾氏
まだ大小いくらかの記事があるが省略。
ちなみに肝心の「白沢のながれ」で渡し船について言及が無いのは残念である。
他には対岸の春日井市側で、同様に郷土史研究会が調査研究をされた成果が
インターネット上で見られる。

最後に当時の川船の写真を掲載する。
これらは渡し船ではなく荷役用で、その多くは亜炭や石を運んだと言われている。
2枚を比較すると、同じアングルから時間差あるいは、日を改めて撮影したことが推定される。

庄内川より龍泉寺を見る1

庄内川より龍泉寺を見る2


[ 2014/01/05 22:08 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

今日もBOOK OFF

どちらも200円から20% off
ウォーキング関連の安い古本を見つけると買うようにしています。
その本の中で紹介されているコースを歩くと言う訳ではなく、
第三者に対してわかりやすいガイドマップとはかくあるべし、という参考にさせてもらうためです。
かたやプロの編集者が作ったガイド本、かたや素人集団の成果物、
比較にすらなりやしませんが、「お客様に理解できるように作る」ことには
共通の思いが込められています。

ウォーキングマップ東海・中部

ウォーキングマップ東海・中部Ⅱ
[ 2014/01/03 22:13 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

BOOK OFFで20%引きセール開催中

BOOK OFFが20%引きセール
本日1/2からBOOK OFFが20%引きのセールを始めました。
買物のついでに千代田橋店、平和が丘店、上社店とまわって、郷土資料やマンガ本を
買いました。


東海花の名所12ヵ月
東海 花の名所12ヵ月
105円から20%引き。


名古屋起点!知的小旅行
名古屋起点!知的小旅行
105円から20%引き。
この本はむかし新刊で持っていたような気もしますが、同じシリーズの他のタイトルだったかも
知れません。
調べてみたら、「名古屋起点!お花小旅行」を持っていました。

名古屋の教育
名古屋教育史写真集 写真で綴る名古屋の教育
350円から20%引き。

そしてお買い物のたびに、1/31まで有効な20%引きのクーポンをくれますので、
20%引きが2回楽しめることになります。
この機会をお見逃しなく(笑)
[ 2014/01/02 20:57 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

古書会館でお買い物

本日は古書即売日で
古書会館にお買い物に出かけました。
昨日ギックリ腰をやらかし、コルセットに湿布、杖の代わりのカメラ用一脚という異様な姿でしたけど。
もっていない本というだけで買うとキリがないので、価格を見ながら厳選(?)したのが次の3冊。

市町村史等刊行の実務
私がどこかの市町村史を書くことはありえませんが、私的に歴史文書を書く時の参考用です。
市町村史を買い集めていると、その内容はだいたい似たような体系になっているなとは思っていましたが、まさかこうした教科書的な本があるとは驚きました。


東海の野鍛冶
我が家の先祖は豊橋で鍛冶屋をしておりました。
また守山にあった屋根神さまは、元鍛冶屋の畑中さんの家にありました。
この本には豊橋の鍛冶屋も、畑中さんのご先祖の大野の鍛冶屋についても書かれています。


5トン爆弾を投下せよ!
太平洋戦争中に春日井に投下された5トン爆弾ことパンプキンの記録です。
私は今年、この著者のお一人である金子力先生の共著「原爆投下部隊」を買うために名東区のピース愛知を訪れ、パンプキン爆弾について興味を持ちました。
守山区の爆撃記録や高射砲部隊、探照灯陣地などを考える場合、春日井市の記録は大変役に立ちます。
[ 2013/12/22 22:01 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

東区の歴史

東区の歴史
久しぶりにBOOK OFFでぶらぶらしていたら、「東区の歴史」が105円なのを発見!
信じられない拾いものだった。



温泉ガイド
こちらは9月に旅行に行こうかと思っていたところだったので、これも105円なら
即買いだと思ってゲット。
[ 2013/07/07 22:21 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

なごや野の花

なごや野の花

「なごや野の花」
1990年2月6日、エフエー出版、安原修次 著

先日古書会館の販売会で見つけた書物です。
吉根や東谷山の里山を散策している時に、さまざな動植物を目にしますが、
バラや桜はわかっても、路傍に楚々として咲く、自生の植物まではなかなかわかりません。

そんなわけで、パラパラっと本をめくり、エッセイ風の図鑑になっていたので、
読み物としてもいいかもと買ったものです。

あらためて最初のページから読み進むと、著者は千葉県の元教師で、この本を著わすために
長期にわたり名古屋に、しかも守山区に滞在していたことがわかりました!

ページをめくると随所に吉根とか東谷山の名前が出てきます。
また現地で案内や紹介を差し上げたのでしょう、個人のお名前も散見されました。
守山郷土史研究会の大先輩にして、敬愛する徳田百合子さんや、野田農場さんも
エッセイの中で登場されていました。

子供のころには平気で分け入っていた里山も、この年になるとヘビやハチ、転倒などが
怖くて足を踏み入れる勇気がありません。
せめて登山道や林の外縁部で野の花を見つけたら、この本と照らし合わせて
その花のことを調べてみようと思います。
[ 2013/06/22 21:56 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)

古書即売会

今日は午後から、若宮大通り-国道41号線丸太町交差点近くにある、名古屋古書会館の
古書即売会に出かけてきました。

いつものように会場入り口にもうけられた100円コーナーから物色開始。
今日の100円本の戦利品は、名古屋歴史散歩シリーズ12「熱田区の歴史散歩」ブックショップ・
マイタウン編と、「熱田区のあらまし」昭和60年版、熱田区役所刊の2冊です。
私は西加藤家や東加藤家に関係があれば別ですが、今のところ熱田区には何の縁故も
ありませんが、読み物としてこれらが各100円はナイスでした。

ついで2階へ上がり本格的に本あさり。
ヤフオクに比べてやや高い印象です。
で、ゲットしたのは、・・・・・
特別展「長久手の中世-その城館跡を中心に-」、1989年、長久手町教育委員会 300円
特別展「名所図会の世界」1988年、名古屋市博物館、600円
「蓬左文庫古絵図目録」昭和45年、名古屋市教育委員会、1000円です。

寛文村々覚書が三巻セットで4,000円は相当悩みましたが、猫に小判かなと思い
手を離してきました。

あとは「一宮町誌」資料編が5,000円もため息でした。
私の母方祖父は三河一宮の出身で、先祖は士分、三河東上で豊川の運上役をしていたと
生前の祖父から聞いておりました。

即売会はまだ明日も開催されます。
次は8/3~8/5の予定です。
[ 2012/07/07 21:37 ] 資料・文献 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック