わが町 守山区 TOP  >  展示会、講演会

NHK小幡受信所

かって見た守山(アピタ新守山20160409)

先日のアピタ新守山店で開催された「かって見た守山」写真展で目に留まった1枚です。
天井の蛍光灯や私のシルエットが写りこんでいてお見苦しいのですが、
かって小幡が原にありましたNHK小幡受信所です。

私の古い記憶では、NHK名古屋放送局(ラジオ)が東京からのラジオ放送を中継したり、
金沢放送局のラジオ番組をモニターするための施設であったと思います。

たしか似たような写真が「名古屋今昔写真集第Ⅱ巻」にあったと思い、ぱらぱらと
めくってみたところ、やはりまったく同一の写真が掲載されていました。
そちらは守山郷土史研究会代表幹事の道木さんの提供と書かれています。
そしてアピタでの展示写真は守山区役所が、旧守山町役場だった時代から
保管している写真です。

道木さんにお会いする機会があったら、この経緯をお尋ねしてみようと思います。
スポンサーサイト

アピタ新守山店で「かって見た守山」

アピタ新守山店20160409(1)

今日の「守山ホームニュース」の1面記事で、アピタ新守山店で、「かって見た守山」写真展
開催中の記事が出ていました。

さっそく見に行ってきました。
昭和20年代のなかなか貴重な写真がありました。
4月30日までの開催です。

ピースあいち講演会の新聞取材記事

読売新聞20140816朝刊掲載s

読売新聞さんの取材記事

昨日8/15(金)のピースあいちさんでの師匠の講演が、読売新聞さんの取材により、
本日8/16(土)の朝刊に載せていただきました。

師匠の向こう側に顔の1/3ほど私が写っておりますが、まあこれぐらいが許容範囲いっぱいと
いうことは私も記者さんも認識は同じだったりします。

ピースあいち 2014年夏の語り

ピース愛知講演会20140815
ピースあいち2014年夏の語りシリーズ

師匠のお供で、師匠の講演会に行きました。
ピースあいち2014年夏の語りシリーズ最終日の今日8/15が師匠の講演日でした。
14時からの講演に先立ち、12時半ころに師匠のお迎えに行き、15分ほどで到着しました。

本日はプロジェクターへの投射ではなく、「紙芝居」らしく大型テレビでの鑑賞となりました。
私の役目は師匠の語りに合わせて、PowerPointの紙めくり(Enterキー押し)です。

師匠の講演をお聞きいただいたお客様はおそらく70~100名くらいかと思います。
写真にも後姿が写っていますが、金城の女子高生の皆さんが大勢で聞いてくださっていました。
師匠は平易な言葉で紙芝居を語らってくれましたが、実感としては難しかったかな・・・?

講演終了後、取材にいらっしゃった新聞社の方と雑談。
捕虜虐待というと御器所の話を見聞きするが、守山でもあったんですねと話が進み、
そればかりか守山では米兵の斬首刑もあったのですよと、お答えしました。

15時過ぎにピースあいちさんを辞し、再び師匠をお送りし、家路につきました。

2014あいち・平和のための戦争展

2014あいち・平和のための戦争展
8/9、生憎の台風接近日での開幕となりました。
8:30に師匠のお宅にお迎えにあがり、途中コンビニで昼食を買い込んで、
9:15に会場となっている鶴舞の名古屋市公会堂に到着。
スタッフ参加なのに入場料500円、駐車料金自前とはどうなのよとは思いながらも
自前単独では展示も講演もできないのもまた事実。


2014戦争展1
名古屋・学童疎開を記録する会
我が師匠の所属する会のブースはこちら。
師匠の同僚メンバーが孫娘ほどの学生さんに説明をされてみえました。


2014戦争展2



2014戦争展3
ピースステージプログラム
こちらのホールで講演会が行われました。
師匠による「アメリカ兵への虐待」が本日最初のプログラムです。


2014戦争展4
テストスピーチをされる師匠
プロジェクターの設置は実行委員の方々がしてくださいました。
私は演台にノートパソコンをセットして、PowerPointでスライドの準備をしました。
師匠が公演中は、私が傍らでノートパソコンをつどポチッとして画面を切り替えました。


2014戦争展5
準備完了で開演時間を待つ
すっかり準備も整い開演を待つ師匠とご来客の皆さん

このあと師匠によるB29アメリカ兵への虐待の講演が30分くらいありました。
ついで私が20分ほど、守山区の高射砲とアメリカ兵の処刑に関するお話をさせていただきました。
当初、私は師匠の送迎とパワーポイントのお手伝いだけという話でしたが、
6月度の守山郷土史研究会後のお茶会で、師匠から講演もするようにとご指示があり、
この日機会をいただくこととなりました。
本日の内容を基本として、9月度の守山郷土史研究会でもう一度発表をさせていただき、
もしかしたら同会会報「もりやま」に文章で掲載させていただくこともあるかも知れません。


尾張氏、志段味古墳群

20120603-1.jpg

名古屋市博物館で開催されている「尾張氏、志段味古墳群をときあかす」に行きました。
ここ7年くらいの最新の発掘調査から得られた知見をもとに、古代の豪族・尾張氏との関係を
解き明かす構成です。

会場に入ってすぐのところに展示してあった、東谷山山頂の尾張戸神社とその山頂古墳の前で
展示品を見ていたら、お隣でご覧になっていたご婦人に声を掛けていただきました。

私が現地説明会の様子や、地元住民としての思い入れをお話ししたところ、しきりに感心されるので
やはり地元の方かと思ってお尋ねすると、尾張戸神社に御まつりされる側のお立場とのことでした。
私は尾張氏が中世以降、歴史の舞台からどうなったのか知らなかったので、せめてご子孫のお名前だけでもと
お尋ねしましたが、丁重にお断りになられました。

エピソードとして、ご幼少のころ、ご祖父さまお聞きになったこととしてお話して下さったのは、
ご祖父さまが京都に行かれていたスキに、山頂古墳が荒らされ、水晶などが盗まれたそうです。
おそらく昭和10年の盗掘事件のことかと思います。
この事件がどこまで詳細に公開されていたかは存じませんが、もしかしたらご家族しか知り得ない
エピソードだったのかも知れません。

私は単なる守山区民であって研究者でも、名古屋市の職員でもありませんので、
そっと静かにご先祖様をおまつりされるそのご婦人のお気持ちをおもんばんり、
あまり多くをお聞きせず、そのまま残りの展示を見るにとどめました。
どうかご壮健にお過ごされ、またいつの日にかお目にかかりたく、私も今少し尾張氏のことを
勉強して見ようと思った次第です。
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック