FC2ブログ
わが町 守山区 TOP  > 

FMアンテナの設置(2)

前記事
11/11 FMアンテナの設置(1)


F-F8D取扱説明書2
取扱説明書の裏面

 この組立手順を参考に設置をしたわけなのですが、よく理解できないところが
ありました。まずマストの適応径が書かれていません。設置工事をするのは
ほとんどの場合はテレビアンテナ業者さんだと思います。なのでパイプの径は
25mmで当たり前なのでしょうけど、私にはわからないので結局は廃材の中から
現物あわせで使えるものを選び出しました。

 あとVの字に金属ステーでアンテナブームの水平を保持する構造なのですが、
ステーの固定位置が図示されていません。アンテナのブームをよく見たら、
赤い丸がペイントされていました。いや、その当時の電気屋さんだって、
普段はマスプロを使っていて、たまたま今回のヤギアンテナを使ったらきっと
最初は訳わからないと感じたことと思います。



F-F8D設置20181113
仮設状態のFMアンテナ

 こんな感じで仮設置を終えました。
エレメントは極薄のアルミで、ちょっとした力ですぐにたわんでしまいます。
それを修正しようとするとクラックが入りそうなのでちょっと躊躇われます。
75Ωの同軸ケーブルのストックが無いことに気が付いたので、週末にでも
ホームセンターで買ってきましょう。

つづく
スポンサーサイト
[ 2018/11/14 23:19 ] アンテナ | TB(0) | コメント(0)

FMアンテナの設置(1)

F-F8D取扱説明書1
設置するFMアンテナの取扱説明書

 拙宅が20年以上前に引越しをした動機は、名東区の旧家が手狭になったからなのですが、
旧地で建て直しをしなかったのは土地が狭くて、必要な部屋数の確保が難しかったからです。
どうせ旧地を離れるのなら、勤務先への通勤に少しでも近くでと守山区を考えました。
私はアマチュア無線の開局以来ずっと50MHZが好きで、とりわけ9エリアとのQSOが
好きでした。それで宅地分譲地を探すときには、FM福井の周波数76.1MHzにカーラジオを
セットして、よく聞こえる場所を同時に調べた結果、当地に落ち着くことになったわけです。

 ところが当地は県域放送の巨大タワーが目視できる位置にあって、しかもそのときには
予想すらできなかった補間放送が三国山から送信される事態となり、WellbrookのALA-1530に
代表されるアクティブループアンテナではFM放送の遠距離受信は難しいものになってしまいました。
 今回重い腰を上げて、FM用アンテナを設置しましたので、その経過を自分の記憶のために
ブログに残しておきます。

 上の画像は購入したアンテナの取扱説明書です。
アンテナは八木アンテナのF-F8Dという型式で8エレメント(8素子)のタイプです。
取扱説明書の右下に小さな文字で「G-1458」とあります。
何年のものなのか即座には解読不明ですが、2014年ということはないと思います。
「G-1458」を逆から読んで1985年ならステレオセットの写真ともあいまって
そんなものかなとも思います。そんな古いものですが、未開封品が破格の2,000円で
手にはいったのも、何を今さらのFMアンテナ設置につながりました。

 昔はエアチェックという合言葉のもと、若者たちは音質の良いFM放送をこぞってカセットテープに
録音して、気に入った音楽や、番組のコレクションをしたものです。まだレンタルレコードなんて
なかった時代です。残しておきたい音楽番組が昼間の放送の場合には大げさなタイマーを
使って留守録までしました。今ではインターネットやスマホでFM放送が聞かれる時代に
なりました。それでもコミュニティFMや、サービスエリア外の放送局のネットラジオは
別のアプリを入れないと聞かれなかったり、あるいは有料になったりします。
だったら昔なつかしいスタイルで、アンテナ立てて聞こうかなのです。

続く
[ 2018/11/11 17:21 ] アンテナ | TB(0) | コメント(0)

アジサイ棚の製作(3)

前記事
2018年7月16日 アジサイ棚の製作(2)
2018年7月 8日  アジサイ棚の製作

 この夏はことさら暑い夏でした。
けっこうマメに植物に水遣りをしていたつもりでしたが、大切なアジサイ苗をいくつも
滅失させてしまいました。もともとわが家のアジサイ苗は見切り処分品ばかりを
買ってきているので、ダメージに弱い下地はあったわけなのですが・・・

 夏の暑い盛りに「このままでは全滅する」と危惧して、ビニールハウス内に避暑(?)
させました。それが冒頭の「前記事」あたりになります。
植物が暑ければ人間だって暑いし、台風も連続で襲ってきたしで延ばし延ばしに
なっていましたが、ようやくアジサイ棚の半分残しを完成させました。


 アジサイ棚20181111(1)
完成したアジサイ棚

 使った資材は、普通のブロック、足場用単管パイプ、スチールネットです。
プロックの高さは人それぞれで使いやすい高さになるように積み上げます。
今回の例では8段積にしました。

 いちばん上のブロックに足場用単管3.8mを片側4本渡しこみました。
ブロックは何ら固定していませんし、ブロックと単管も固定していません。
大きな地震が来たらダメでしょうね(苦笑)。


アジサイ棚20181111(2)
単管の固定方法

単管はブロックの外側で直交クランプで固定しました。
反対側も同じです。長さが3.8mといかにも半端なのは、ビニールハウスの奥行(全長)が4m弱なので、
ハウス内に無理なく収まるように決めた長さです。ホームセンターで4mものを購入して、その場で
20cmカットしてもらいました。



棚板の代用品

 いちばん悩んだのは棚板でした。たぶん頑丈無比なのは建築用の配筋メッシュだと思いましたが、
標準品の鉄だとすぐに錆びるし、ステンレス製のメッシュは価格が高いし。それで強度は落ちますが、
たぶん私が棚の上で寝ても問題ない程度の強度はありそうな、アイリスオーヤマのメッシュに
しました。サイズがいろいろありますが、私は90cm×150cmものを2枚使いました。
従いまして90cm×300cmの棚板になったわけです。デッドスペースができてしまいましたが、
そこには用土とか園芸道具とか置くスペースと割り切れば、気にするほどではありません。

 すでに一日に2回ミストシャワーが噴出するようにしてあります。
鉢植えに対しての潅水は自動化していません。今回これで棚板まで完成しましたので、
次は自動潅水を考えようかと思います。


[ 2018/11/11 13:33 ] ガーデニング | TB(0) | コメント(0)

小幡緑地 陸軍境界杭

小幡緑地陸軍標柱
小幡緑地公園 見返池のあたり

先日9月11日に、守山探検隊の次回コースの下見を行なったときに、
上の地図で赤丸を付したところに、旧陸軍の境界標柱を見つけました。
ちょうどこのあたりは、陸軍の小幡ヶ原射撃場の北端にあたっていて、
従来から標柱の写真が掲載されていた区域になります。
しかしながら赤丸の位置での標柱記録は今まで見聞きしたことが
ありませんでした。



小幡緑地陸軍標柱20180923
今回見つけた「陸軍省所轄地」標柱


小幡緑地陸軍標柱今昔マップ2014 2014年版

小幡緑地陸軍標柱今昔マップ1932 1932年版
今昔マップで標柱の位置を検討

今回見つけた陸軍境界標柱の位置を、今昔マップを使って2014年版に
落とし込みました。ついで画面を1932年版に切り替えて比較表示したものが
上図となります。
その結果、今回見つけた標柱はものの見事に陸軍小幡射撃場の境界線上に
位置することが判明しました。




小幡ヶ原陸軍用地
陸軍用地を赤色の線で表示

今昔マップ1932年版に記されている陸軍「小幡射撃場」の境界線を
赤色で着色してみました。文献、資料によっては見返池を軍用地に
含めたものもありますが、上の地図では見返池の下になっています。
もっとも1932年当時の見返池は現在の半分ほどのようで、現在の
地図に線を描けば、池の半分ほどのところまで軍用地だったようです。




小幡ヶ原いま・むかし1977-5-1
陸軍省所轄地の標柱

陸軍用地の境界線が判明したということで、その上を丹念にトレースすれば
他にもきっと標柱が見つかることでしょう。
特に今回見つけた2基の境界標柱が指し示す境界線を、左下つまり南西に
たどると前述の見返池の上に出ます。もちろん当時はそこまで池ではなかった
かも知れませんが。
そこに上の写真の標柱が立っているそうです。
私が知る情報の初出は1977年5月版の「月刊せとせん」です。(上の写真)
ついで、守山郷土史研究会会報「もりやま」第六号(1987年)です。
そしてこの標柱は今も立っている可能性が極めて高いのです。
(赤井さんがご覧になられたとのことです)

この位置は「もりやま」第六号によれば、「見返池の一番北、余水吐のそばに
ある」とのことです。たぶん「北」ではなくて「南」だと思いますが・・・
そういう思いで今回見つけた標柱の境界線を龍泉寺街道まで目を移すと、
その境界線はまさしく見返池の排水路口あたりを通過しているように
見られます。
このあたりにあるんでしょうね!?

[ 2018/09/23 18:02 ] 戦跡 | TB(0) | コメント(2)

CD6DXX

組立手順書
【クリエイト・デザイン株式会社 CL6DXX】

台風21号に備えて地上に降ろし、分解しているクリエイト・デザイン(株)の
50MHz用7エレメントのアンテナCL6DXXですが、週末は生憎の天気で
再組立、再設置もままならないため、地上に降ろしているうちに色々と
点検、清掃、記録をしておきます。

わが家のCL6DXXは相当初期の仕様で輻射器がフォールデッドダイポールに
なっていません。またマッチングもヘアピンマッチになっています。
また善悪はともかく、ネット上で寸法を載せてしまっている事例と比較して、
エレメント長、エレメント間隔も仕様変更されている可能性があります。
上の画像の中に手書きで、「'89-9~'93-10まで」と書かれているのが、
この仕様での製造期間を表しているのかも知れません。

CL6DXXの「組み立て全体図」には輻射器~反射器と、導波器4~導波器5の
間隔が記載されていません。反射器にしても、導波器5にしてもブームの
端なので、端から60mmと記載されているだけで組立ができるからなのでしょう。
ところが「組み立て全体図」のとおりにエレメントを並べてゆくと、
どう見ても上記箇所のエレメント間隔が図面と較べておかしいのです。
「組み立て全体図」の寸法は数値の方が正しくて、図面はイメージですと
言われたらそれまでなんですけど・・・

前回タワー上に上げたときに私は相当極端な組立間違いをしていて
今回はこの修正をするのが、まず第一の目的としています。
参照:2014年のはじまり http://icr7700.blog.fc2.com/blog-entry-605.html



解析1(取説と現状の混合)

上で少し触れたように「組み立て全体図」の寸法は現物とは合っていません。
これは、もしかしたら現物と「組み立て全体図」の仕様(バージョン)が異なって
いるのかも知れませんが・・・
なにはともあれ組み立て図のままにMMANAでシミュレーションをしてみました。
ビームパターンはいかにもそれらしい形はしていますが、少し慎重に検討した
方がよくなりました。




CL6DXX-2(取説優先)

で、これが組み立て手順書に記載の配列による計算結果です。
図示のなかった寸法は、図面の縮尺から逆算しました。
その点だけ上のシミュレーションと異なります。
フロントゲインはほとんど変わりませんが、バックが3dBくらい改善されました。
ただこのエレメント間隔をしようとすると、ヘアピンマッチの固定ビス穴の
位置がズレできますし、逆にビス穴を使うようにすると、反射器側の
ブームが余って、反対側の導波器-5側のブームが足りなくなります。
だったらヘアピンマッチの固定ビス穴を好きなところに開けなおしたら
いいんじゃない、ってことになりますが、それはもう少し先に取っておいて
ここでは寄り道をしてゆきたいと思います。

9/22 追記
エレメントを増やしたり、LFA化したりと改善策はいろいろと得られましたが、
はたしてそれをマスト上に(体力的に)設置できるのか、仮に設置できても
次の台風のときに降ろせるのかと自問するに、それは無理だと結論するに至り、
このCL6DXXの継続使用は断念しました。
「次」は運用バンドも含めて、また考えます。
FC2カウンター
わが町 守山区
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
散策仲間を常時募集しています。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

カテゴリ