わが町 守山区 TOP  >  にほんブログ村 人気ブログランキング

龍泉寺多宝塔の遷移(3/3)

名古屋市都市計画基本図S44-S47
名古屋市都市計画基本図S44-S47
 昭和31年の仁王門修理工事から、時代が十数年も新しくなった昭和45年頃の「名古屋市
都市計画基本図」に着目しました。インターネットで公開されている基本図を最大倍率で
拡大してもまだ判別しずらいので、電子的に拡大させたのが丸囲みの中です。
 これを見る限り、仁王門の右側に多宝塔の文字とともに四角に点のシンボルが
描かれています。つまり昭和40年代半ばには、まだ多宝塔は現在とは反対側にあったのです。



名古屋市都市計画基本図S48-S52
名古屋市都市計画基本図S48-S52
 多宝塔のシンボルマークは右側にありますが、左側にも四角のマークが見て取れます。
解釈に窮しますが、多宝塔遷移の過渡期的な状況とも思えます。



名古屋市都市計画基本図S53-S57
名古屋市都市計画基本図S53-S57
 多宝塔は完全に左側(西側)に描かれています。
過渡期的なところは不明確としても、昭和40年代後半から50年代初めには遷移があったものと
考えるのが無難でしょう。



龍泉寺多宝塔19760708
国土地理院空中写真 1976.7.8撮影
 更に範囲を狭めてゆきましょう。
上の写真は国土地理院の昭和51年7月8日撮影の空中写真です。
ちょっとわかりづらいかも知れませんが、多宝塔は左側に写って(移って)います。



龍泉寺多宝塔19740616
国土地理院空中写真 1974.6.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和49年6月16日撮影の空中写真です。
これまた判別が難しいのですが、右側にあるように見えます。



龍泉寺多宝塔19710516
国土地理院空中写真 1971.5.16撮影
 上の写真は国土地理院の昭和46年5月16日撮影の空中写真です。
これはハッキリとしています。まだ右側にありますね。
従いまして、昭和49(1974)年以降、昭和51(1976)年までの間に、多宝塔は仁王門に向かって
右側(東側)から左側(西側)へと遷移したものと考えます。

 最後にひとつ郷土史の先輩のエッセイを引用させていただきます。
守山郷土史研究会会報「もりやま」第3号 昭和59年月7日発行
「目を向けよう、守山の古建築」 松本政男さん

 ところで筆者は、以前から伽藍の配置が変わってきていることに数年前から気がついていました。
それは、多宝塔が仁王門の北東側にあったことを覚えています。(後略)
スポンサーサイト
[ 2017/04/28 21:06 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

龍泉寺多宝塔の遷移(2/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
現在の龍泉寺さん
多宝塔は山門に向かって左側にあります。




多宝塔写真昭和31年
昭和31年の龍泉寺さん
龍泉寺さんの仁王門は慶長年間の造立以来、小規模な修理はあったものの、建替などの
解体修理は一度も行われていなくて、そうとう痛んでいたそうです。それを昭和30年、国、県、
市(守山市)の負担で完全な解体修理を行いました。この写真は、修理後の仁王門です。
前置きが長くなりましたが、写真の右側に注目してください。多宝塔が向かって右側に
あります。現在の書院のあたりでしょか。さて、いつの間に、多宝塔は現在の位置に遷移
したのか、次回はそれを考えてみたいと思います。




多宝塔写真昭和初め
昭和初期の龍泉寺さん
昭和の大修理のはるか前の仁王門と、右後方に多宝塔が見られます。
多宝塔の前に植えられている桜の木の成長に注目してください。
随分違っていますよね。この絵はがきはまた後日あらためて龍泉寺さんの近代史をひもとく時に
掲載するかも知れません。
そうそう、昭和31年の改修工事完成写真と、この昭和初期の絵はがきを較べると、仁王門の
屋根の鯱ほこがあるのと、無いのに気がつかれましたか?
今回の題意は多宝塔なので、鯱ほこなど仁王門のことはまた後日ということで・・・
[ 2017/04/27 11:59 ] お寺 | TB(0) | コメント(2)

龍泉寺多宝塔の遷移(1/3)

龍泉寺山門、多宝塔20160219
龍泉寺山門前にて
表参道の坂道あるいは、脇参道の階段道、どちらから来てもしばし見事な景観に見とれて、
運動不足で高鳴った動悸をこの場所で整えてから山門に向かいます。
幟旗の中央に仁王門があり、それに重なって背後に本堂、左に多宝塔が見られます。
今回のお話はこの多宝塔の遷移について考える、です。




多宝塔外観20120908
多宝塔を正面から
たぶんお客様をご案内して「たほうとう」と言ったところで、建物を目の前にして言えば「たほう塔」
くらいには意味が通じても、もしかしたら「たほう棟」と脳内変換される方もいらっしゃるかも。
お客様へのご説明にはひと工夫要りそうです。
石積みの上に建てられているのは、いくら山の上と入っても雨は降りますので、高温多湿な
環境から木造建築物を守る昔からの知恵なのでありましょうか。さらには、参拝客の目線が
間違っても如来様を見下ろすことのないよう、気をつかっているということもありましょう。




多宝塔内部20120908
阿弥陀如来像
いつもは扉が閉まっていることが多いのですが、何十年に一度の御開帳みたいな出し惜しみは
されていなくて、ときどきこうして如来様のご尊顔を拝する事ができます。そんな日に出会えたら
「ラッキー!」と思ってください。
[ 2017/04/26 20:02 ] お寺 | TB(0) | コメント(0)

きょうのわが家

自家製キュウリポット苗 自家製キュウリ苗の植付け
ビニールハウスの中で発芽させた、キュウリの自家製ポット苗が大きくなったので、畑に
定植しました。この夏はタイムシフト式にキュウリ苗を作って、収穫期間を長くする試みを
してみます。しかし、毎年毎年ウリハムシの多いこと。基本的に農薬は使わないので、
害虫天国ですわ。



ソラマメ収穫 レタス晩期
ソラマメが大きくなったので収穫しました。98円分くらいはありましょう
レタスがそろそろ収穫晩期です。冬の間からよく長続きしてくれました。塔立ちの気配が
見えたら採種するわけではないので、土に返してあげようと思います。



キウイのつぼみ20170423 ブドウ藤稔20170423
キウィの蕾がハッキリと目立ってきました。オスの受粉樹と開花がうまく揃いますか。
ブドウ藤稔にも若葉が萌え出しました。わが家の庭が1年で一番私の好きな季節になりました。



ナミアゲハ20170423 ドウダンツツジ20170423
ナミアゲハがツツジの花に吸蜜に訪れました。柑橘系が2本植えてあるので、そのうちに
卵の産み付けが見られます。毎年毎年、たとえばサルトリイバラとか植えてルリタテハを
呼ぼうとか考えていますが、なかなか実行ができません。まあたいていの食草、食樹は
家庭の庭には似つかわしくないので、家族との共存が図れるのかがポイントではありますが。
右側は普通のドウダンツツジです。
[ 2017/04/24 12:54 ] 日記 | TB(0) | コメント(4)

アサヒビール引込線跡(3/3)

アサヒビール角を曲がると
御用水巡りの散策が、アサヒビール引込線の遺構調査にすっかり変わってしまった感が
ありますが、歩みだけは確実に御用水の水路に沿って進めております。
写真のアサヒビールの境界壁沿いにアスファルトとは色調の異なるコンクリートが
続いておりますが、これが御用水の水路の一つです。
散策の歩みも御用水の水路もここで向きを変えて南進します。
(中央本線で行く手を阻まれています)



トンネルが二つあった
アサヒビールの北西角を曲がって南進すること約50mで写真のトンネル前に出ます。
堤防道路を走ってきた自動車は中央本線のため、いったんこの場所まで迂回して
線路の下をくぐってから、再び堤防道路へと上って行きます。
ところが、ごく至近距離にもう一つトンネルがあります。
しかも普通、トンネルは線路というか並走する側道というかに直角になっていることが
圧倒的に多いのに、この至近距離にある二番目のトンネルは斜めに横切っています。



稲荷川橋梁
最初のトンネルに戻って銘板を撮影しました。
トンネルの名前は「稲荷川橋りょう」とあります。
「橋りょう」は橋梁のことなのでいいとして、「稲荷川」とは・・・?
御用水の用途や流路変遷の歴史の中で、この辺りでは御用水のことを稲荷川と
呼称していたのか、いまのところ謎です。



朝日橋梁
そして中央本線を斜めに貫くトンネル、これには「朝日橋りょう」の銘板が貼られていました。
これまた、守山市の過去に遡っても「朝日」という小字はなかったはず・・・?
地名由来の橋梁名ではないのかもとも思います。

ここで拙ブログ「アサヒビール引込線跡(2/3)」に戻っていただき、引込線が
描かれている基本図をご覧いただきたいと思います。
この至近距離に並んでいる斜めのトンネルは、実はアサヒビール引込線の
線路が通っていたトンネルだったのです。
現在、このトンネルの写真側はゴミの不法投棄で荒れていて、トンネル裏側は民間の
会社のトラック駐車場になっています。

ここから先、新守山駅までは貨物ターミナルとして開発された歴史があり、いまなお
線路跡、トンネルなどに名残が認められます。それらはまた稿を改めてご紹介
できればと思います。
[ 2017/04/23 20:51 ] 鉄道 | TB(0) | コメント(0)
FC2カウンター
プロフィール

加藤

Author:加藤
守山区在住の歴史、自然、イベントファンです。
ご連絡は右側のメールフォームよりお願いします。
記事に対するご意見、ご感想は各記事の最下行にあるコメントを押してください。

最新トラックバック